黙示録

[HOME] > [SPACE NAVIGATOR] > [SPACE LIBRARY] > [3号室] > 

ユダヤ問題入門 

太田 龍・著  泰流社 1994年刊

 序 文

 ユダヤは、単なるありきたりの民族の一つでもないし、数ある宗教の一つでもなく、イスラエルは、百数十の国家の単なる一つでもありません。
 ユダヤは、今日では全人類、全地球に通用する唯一の普遍的文明です。唯一の普遍的な生活スタイルなのです。
 この地上のなんびとも(当然、我々日本民族も)ユダヤ文明から逃れることはできません。
 ユダヤ文明、ユダヤ式生活スタイルとは、どんなものでしょうか。
 それはおかね(あるいは、おかね万能社会)です。
 これこそユダヤの発明であり、2,500年かかって、ユダヤはこれを全人類に伝染させたのです。ユダヤ教は、マモンの神(おかねの神)を崇拝する宗教です。
 このマモン(おかね)崇拝教に取り憑かれると、人間の貪欲と強欲が無制限に膨張します。
 ユダヤは17世紀に、英国とオランダの国家を乗っ取り、18世紀末にはフランス革命を起こしてフランスの国も盗りました。
 更に19世紀末にはアメリカも盗り、この4つの国家を道具にして世界を支配するに至りました。そのおかげで、全人類がユダヤ文明に毒され、人間の欲望と浪費が爆発したのです。
 ユダヤ文明は人類を滅亡に導くでしょう。
 日本民族は、質実剛健なゲルマン民族と共に、このユダヤの毒に対してもっとも頑強に抵抗しました。実は、それがあの「大東亜戦争(太平洋戦争)」だったのです。
 従って、日本民族はユダヤ禍に立ち向かうに当たって、「大東亜戦争」の名誉を回復しなければなりません。
 「大東亜戦争」はまた、幕末の「尊皇攘夷」の継続でもあります。
 いずれも場合でも、我々の父祖、先輩たちは、日本(そしてアジア)を侵略する敵の正体がユダヤであることを見抜いていませんでした。
 そこに日本の敗因があります。
 今からでも遅くはありません。日本民族は、国家民族の総力を挙げて、日本を食い潰そうとかかって来ている敵・ユダヤの真の姿の研究に着手すべきではないでしょうか。

                      平成4年5月20日
                            著 者



 ユダヤは日本民族滅亡も狙っている。


  我々日本人は、ユダヤについて、本当のことを何も知らない。
  けれども、ユダヤは日本を知りつくしています。
  ユダヤと日本は、なにからなにまで対照的な民族でした。
  日本民族は、自然に恵まれた日本列島で、この大自然とお天道さまに感謝して生きる和の秩序を築き上げてきました。
  ユダヤは、旧約聖書とタルムードに記されているように、唯一絶対のエホバの神を奉じて、全世界を征服し、ゴイム(すべての非ユダヤ人)をユダヤの家畜とする宗教的使命感で生きています。
  我々にはとうてい信じられない話ですが、これは事実なのです。
  ユダヤが日本列島占領を初めて意識したのは、奈良時代の前後です。それから1400年、ユダヤは着々と日本侵略作戦をすすめてきました。
  アメリカ、ペリー艦隊の来航はユダヤのの謀略です。
  そして、ついに昭和20年9月、ユダヤの手先・マッカーサーの軍隊が日本を占領し、ユダヤの日本民族滅亡作戦が最終段階に入ったのです。
  日本民族滅亡とは、日本人が一人もいなくなるということではありません。
  日本民族の精神、大和魂を根こそぎなくしてしまうことです。
  日本民族が守り育ててきた日本列島の自然の生態系を、跡形もなく壊滅させてしまうことです。
  ユダヤは長年の日本研究の結論として、農村を破壊すれば、日本民族滅亡作戦は八割方完成する、と見ています。
  「農業」が問題ではなくて、「農村社会」が問題なのです。明治新政府の、土地、農地私有化政策が、ユダヤの日本民族滅亡の謀略の第一弾でした。
  それから、敗戦とユダヤ占領下で、民法が制定され、均分相続制となり、「農家」はこなごなに打ち砕かれました。
  更に、パン食化、洋食化の政策で、日本の総合食料自給率は3割という、狂気の沙汰となってしまいました。「農村」はとっくの昔に崩壊し、農家の跡継ぎがいなくなりました。
  昭和22年にユダヤ占領軍の暴力で押しつけられた憲法は、日本亡国と、日本を永久にユダヤの奴隷として飼いならしておくための仕掛けなのです。

 ユダヤは「世界人間牧場」の実現を狙っている ―― 「シオン長老の議定書」

  ユダヤの究極目的は「世界人間牧場」の完成です。
  つまり、すべてのゴイム(非ユダヤ人)を、ユダヤの家畜として飼育し、この地球をユダヤの管理する人間牧場にしてしまうことです。
  この計画の基本は、旧約聖書と、タルムードに書いてありますが、19世紀も半ばを過ぎると(日本では幕末から明治前期)、ユダヤはついにこの2500年来の計画の仕上げに取りかかりました。
  ここで作られたのが「シオン長老の議定書」といい、超重要な文書です。
  その筆者は、ロシア在住のユダヤ人・ギンスベルグと推定され、1897年(明治30年)の第1回シオニスト世界大会には成立していたもののようです。
  ロシア帝国の秘密警察がそれを察知し、ロシア語に訳出出版され、1905年に大英博物館に収納の記録があります。1919年にドイツ語版が出版され、それから英語版、日本語版をはじめ、世界中に紹介されて、大きな波紋を引き起こしました。
  この「議定書」は、ユダヤの世界独裁国ができあがるまでに何がなされたか、何がなされねばならないか、について、詳細に、彼らの本音を説明したもので、もともと読者対象はユダヤの指導層に限定されています。
  つまり、これは絶対ゴイム(非ユダヤ人)はおろか、ユダヤの一般大衆にも見せてはならない、ユダヤの超秘密文書だったのです。したがって、1920年代から、ユダヤ側は執拗に「これは偽書である」と宣伝し続けています。
  けれども、ここに書かれていることは、旧約聖書の申命記のことば(「汝は汝の神エホバの汝にし給はんところの民をことごとく滅ぼし尽くすべし」)や、イザヤ書のことば(「汝に仕えざる国と民とは滅び、その国々は全く荒れすたるべし」)にかなっています。
  タルムードは「ユダヤ人のみが人間と呼ばれるのであって、非ユダヤ人は人間とは呼ばれず、動物と呼ばれる」と明記しています。
  ユダヤは、世界人間牧場をつくる助手として、フリーメーソンという秘密結社を使います。日本の中からも、幣原喜重郎や鳩山一郎のように、フリーメーソンに入会して、ユダヤの手先となった人々が出ています。

 ユダヤ教と日本教

  我々日本人が「ユダヤ」と聞いてすぐに思い浮かべるのは、
  1つには、イエス・キリストを殺害した(殺害させた)民族である、ということ、
  2つには、シェークスピアの「ベニスの商人」のユダヤ人高利貸しシャイロックです。
  たしかに、この2点はユダヤの本質に触れるのです。復讐の執念の権化です。
  そして、このゆえに、キリスト教会とキリスト教徒は千何百年も、ユダヤ人(ユダヤ教徒)と戦ってきました。しかし、どうやらこの戦いで、ユダヤが勝ったらしいのです。
  いま「キリスト教」と自称している宗教の中身は、すっかりユダヤ教に化けているようなのです。このユダヤ教に対して、日本教のシンボルはこれといって思い浮かびません。
  それは、「桜」であったり、「菊の花」であったり、「梅」であったりするようですが、筆者は、日本教のイメージは頑健な胃腸のようなものではないか、と考えています。
  つまり、この世のすべてを、好き嫌いなく、なんでも受け入れ、消化して、よいものを吸収して栄養とし、要らないものははき出してしまうのです。いったんは受け入れてみて、お腹の中で識別して、消化するものと要らないものを分けるのです。
  これを「日本教」と言ってよいのかも知れません。
  我々日本民族は、欧米人が発明した自動車産業を、わずか60年のうちに世界最高の水準につくり上げてしまいました。しかし、このように外のものを消化して完成するためには、それをやってのける日本民族の主体、日本精神、大和魂といったものが厳然として存在しているはずではありませんか。
  目に見えない、この日本精神が日本教の本体であったのです。
  とはいえ、もしお腹や血液の中に入れるものが、必殺の毒性のものであれば、いくら胃腸が頑強であっても、本体は死ぬほかありません。幕末以来、我々が取り入れたユダヤ教とユダヤ文明は、どうやらこの種の猛毒であったようです。
  その結果、130年後、世代にして5世代を経て、さしもの日本教、日本精神も、滅亡寸前に追い込まれてしまいました。

 人類の貪欲をかきたて、地球を壊滅に導くユダヤ文明

  いま、この地上でただ一つ、普遍的に行なわれている文明は、ユダヤ文明です。
  ユダヤ文明の力はどこにあるかといえば、それは人間の貪欲(人間性のもっとも低劣で、危険な側面)をかき立てる方法を知っているということです。
  この貪欲を満たすために、科学界がユダヤの道具として使われています。
  ダイナマイトで財をなしたノーベルはユダヤ人ですが、ノーベル財団が与えるノーベル賞によって、世界中の科学者を思いのままにコントロールしています。
  20世紀のノーベル賞受賞科学者の、ざっと三分の一がユダヤ人と言われていますが、残りの三分の二も、すべてユダヤの指図通りに動く人工ユダヤ人以外の何ものでもありませせん。ユダヤの究極目標に役立つ科学研究のみが奨励され、それに反する科学を葬り去るしくみができあがっているのです。
  原子爆弾を計画し、製作したのはユダヤ人の科学者でした。爆弾はユダヤの世界征服に役立つ武器であったので、ユダヤの地下政府は、アメリカに(のちには、ユダヤのもう一つの陣営であるソ連に)それを作らせたのです。
  麻薬性の植物から、科学者たちが純粋の人工麻薬物質を抽出したのは19世紀の初めですが、ユダヤはこの麻薬物質を、ゴイム(非ユダヤ人)大衆の家畜化の武器として使い、同時に、莫大な資産をつくりました。
  「このままでは、間もなく人類は地球を食いつぶして滅亡する」と、多くの科学者、識者は警告していますが、自然にこうなったわけではないのです。現在地球を覆っているユダヤ文明が、人類を滅亡に導いているのです。
  日本列島も、明治以降このユダヤ文明の毒に犯され、一度は大東亜戦争でこの敵に立ち向かったものの、いまではユダヤ文明の模範的な優等生に「出世」しました。
  いま日本人の倫理は、自分自身の、無限に肥大する欲望の肯定ということ以外には何もありません。この心理状態を、かつて仏教では「餓鬼」と呼び、地獄にまっしぐらに転落すると教えたのですが。
  限りもなく「幸福」の充足を追求して、かえって人類が自業自得の地獄の苦しみの中で死に絶えていく日が近いのです。

 ユダヤの解答 ―― ゴイム(非ユダヤ人)が家畜の群れとして飼育されること

  ユダヤ地下世界政府が、手をこまねいて人類自滅を待っていることはあり得ないでしょう。彼らは「解答」を用意しています。
  その答えは、すべてのゴイム(非ユダヤ人)を、ユダヤの家畜として完璧に飼育することです。彼らのこの計画が実現されることになれば、ユダヤ世界政府は、過剰なゴイム人口を殺処分するように処理するでしょう。また、ゴイムの過剰な消費も、ごくビジネスライクに処理するでしょう。確かにこれも一つの「解答」です。
  しかし、この解答が実施されるためには、一つの条件が必要とされます。その条件とは、「すべてのゴイムの、ユダヤに対する反抗、抵抗の気持ちを根こそぎなくしてしまうこと」です。さらに進んで、自発的にユダヤを崇拝し、ユダヤの前にひざまずき、喜んですべてを投げ出す気持ちにさせることです。
  「シオンの議定書」にはそのことが明記してあります。
  ユダヤ民族が神であり、ゴイム(非ユダヤ人)はその家畜となる――これが彼らの究極の解答です。彼らの布石は、すべてこのことのためになされています。
  野生動物を家畜として飼育するためには、彼らの社会関係をバラバラに解体しなければなりません。それと同じく、人間を家畜とするためには、食と生殖を管理し、家族と民族の絆を切断すればよいのです。
  カンボジアを、地獄の恐怖に陥れたポルポト共産政権は、自国の人民を家畜のように集め、殺戮しました。ポルポトと並んで、自国の国民を家畜のように飼育しているのが、金日成・金正日の北朝鮮共産政権です。
  カンボジアと北朝鮮は、ユダヤによる将来の世界独裁国家のための、貴重な実験例となるはずです。
  沼昭三という作家は、すでに『家畜人ヤプー』というSF小説で、ユダヤが実現しようとしている「世界人間牧場」を描きました。このSF未来小説によると、遺伝子操作によってつくられた家畜人ヤプーは、支配者である白人貴族を神のごとく崇め、貴族に奉仕献身することに無上の喜びを感ずるのだそうです。
  人類を、超人貴族と、家畜人とに分裂させてしまう――これがユダヤの究極目的なのです。

 ユダヤの王、ロスチャイルド財閥 ―― その秘められた対日謀略は‥‥?

  ロスチャイルド。ドイツ語読みでは、ロート・シフト(赤い楯)。
  18世紀後半、ドイツのフランクフルトに発祥して、またたく間にヨーロッパを支配したユダヤの財閥の名前です。
  「ロスチャイルドの全盛時代は19世紀半ば頃のことで、その後、新興企業、財閥に押されて、いまでは見る影もなく没落した」などと書く経済学者もいますが、こんな与太話はいただけない。ロスチャイルド家は、事実上ユダヤ地下世界政府の中核体なのです。
  その資産は、いかなる国家、政府もコントロールできない。アメリカの二大財閥、ロックフェラーとモルガンも、ロスチャイルドの傘下にあると言われています。
  つまり、日本を除く欧米のすべての多国籍企業が、ロスチャイルド家とつながり、その指揮下に置かれているのです。エネルギー(石油、ガス、ウラン)も、食糧(穀物メジャー商社と食品加工業)も、情報(マスコミ、電信電話、コンピューター)も、武器製造も、バイオテクノロジーも、化学も、貴金属と宝石、そして最後に金融・銀行も、ほぼ完全に、ロスチャイルド財閥の統制下にあります。
  まだロスチャイルド(ユダヤ世界政府)のものになりきっていない唯一の地域が、日本であり、東アジアなのです。ユダヤ(ロスチャイルド)は、日本列島乗っ取りに綿密な布石を打っています。
  彼らの対日作戦の究極目標は、ユダヤ世界政府のもとに日本の国家主権を吸収することでしょう。そしてそのあとは、若い男はシベリアへ、女はアフリカへ、というふうに、日本民族を日本列島から追放し、そのあとは、ユダヤ人および人工ユダヤ人になりきったゴイムが住むことになるのです。
  なぜここまでしなければならないかというと、彼らが日本民族を、最後に残った強敵と見ているからです。いや、日本民族と言うよりは、日本列島の「地霊」を、ユダヤは恐れている、というべきかも知れません。
  彼らは日本列島の生態系を、粉々に打ち砕き、壊滅させて、ユダヤにとって脅威となる、そこに宿る「地霊」を跡形もなく消滅させたいのです。

 ユダヤの軍門に降ったキリスト教会

  ユダヤ問題の真相は、表面からはまったくうかがい知ることのできない極秘のとばりに隠されています。しかし、順序立てて筋道を追っていけば、真実を知ることは不可能ではありません。
  そのための第1のカギは、世界中の誰もが知っている「ユダヤによるイエスの殺害」です。15億人の信徒を持つキリスト教会の起点が、十字架上のイエスの刑死ですから、人類の歴史上、これくらい有名で、重大で、光を放っている事件はないでしょう。
  そして四福音書(マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ)によれば、イエスが当時のユダヤ教(ユダヤ民族)の指導層(パリサイ派)を激しく批判したので、パリサイ派指導部はイエスの殺害を企図し、ローマの官憲に迫って、イエスを犯罪人として殺害させた、とされています。
  したがって、誰が見ても、ユダヤ教(パリサイ派)がイエス殺害の主犯なのです。パリサイ派は、イエスを殺したのみならず、イエスを信ずる者たちも迫害し、イエスの教団をこの世から抹殺すべく、全力を尽くしています。
  歴史的に有名な、古代ローマ帝国の暴君ネロ皇帝によるキリスト教徒大虐殺も、実はネロの宮廷に深く浸透したユダヤ教徒の宣伝煽動の結果なのです。
  このような体験を経たあと、初期キリスト教会は、「ユダヤ民族は、神の選民から悪魔の民に変わった」と断言したのです。
  また、イエス自身も「汝ら(ユダヤ人)、己が父なる悪魔より出づ。またその父の欲を行なふことを好む‥‥」(ヨハネ伝)と説いています。
  ユダヤの執拗な迫害にもかかわらず、キリスト教がローマ世界に広がってゆくと、ユダヤは、イエスの教えをねじ曲げ、キリスト教会の中にユダヤの毒を注入する策に出てきました。
  キリスト教会の二千年近い歴史は、最初からユダヤ教との生死を賭けた闘争の連続だったのです。この闘争は、キリスト教側の連戦連敗であったと言わなければなりません。
  そしてついに、キリスト教の総本山であるカトリック教会が降伏するときがやってきました。それが、1962年から1965年まで開かれたカトリックの第2バチカン公会議です。この公会議は、反ユダヤ主義を排除する宣言を、2,100票対88票で可決してしまいました。
  ローマ・カトリック教会では、この「公会議」は100年に1回とか、300年に1回という尺度でしか開かれておらず、その権限は、法王(教皇)よりも強く、聖書をも超えるものだそうです。つまり、公会議の宣言の方が聖書を優越するのです。
  第2バチカン公会議で、ついにユダヤパリサイ派は、イエスとその使徒たちを打ちのめすことに成功しました。ユダヤがキリスト教会を隷属させてしまったとも言えるのです。
  「シオン長老の議定書」(第17章)には、「キリスト教的世界観が完全に崩壊してしまう迄には、もう数年しかない‥‥我々は、法王庁の最も奥の間までも入り込み、法王の権力を完全に覆すまではそこを去ることはしない」と書いてあります。このことばが記述されたのは、いまから100年前です。
  この100年の間に、ユダヤは、ひたひたと社会の内部深くに浸透し、バチカンの最深部を占拠するに至った、と言わなければなりません。

[TOP]