トップページ[HOME] 代表者プロフィール[PROFILE&CONTACT] 業務内容[WORKS] イベント・セミナー[EVENT&SEMINAR] コラム・フォト[COLUMN&PHOTO] ライフワーク・研究分野[LIFEWORK]
HOME
フラワーカラーリスト 荏原温子(えはらはるこ) お花の世界をアイデアと色遣いで元気にしたい。



4年前から着手したバラの花色と花型のイメージ分類の研究をきかっけに、特に花色のもつ心理的な力に大きな可能性を感じています。
”バラ診断”(薔薇のフラワーカラーセラピー)をはじめ、花色のもつ心理効果により、昨日よりも今日、今日よりも明日、明るく楽しく過ごせるよう、花の魅力を1人でも多くの方にお伝えしたく、日々花に関わる毎日です。

フラワーカラーリスト
フラワーカラーセラピスト
バラの色彩研究家
荏原温子(えはらはるこ)

もの心ついた頃より、植物の色彩に何故か心惹かれ、植物図鑑を持ち歩く植物オタクな子供でした。そんな”好きな気持ち”を大切に、聞きなれない”フラワーカラーリスト(花のカラーコーディネーター)”という肩書きで、自分の前を歩く人のいなかった”花の色彩のプロ”をめざし、試行錯誤しながらも、一歩ずつ歩んできました。ただただ、好きな気持ちに、支えられながら・・・・



私の人生は、公私共に一貫して“花と色の世界”に在りました。 その中で痛切に感じてきたことは、「花を生産する」「花を販売する」「園芸商品を企画する」「公園を設計する」・・・それぞれの世界の専門家であっても、 “色”との有効な関連性は不明瞭で、 直感に頼った提案や場当たり的決定がなされてきたのです。


私はこの部分に大きな開拓の余地があると考え、花の生産から流通、消費者に至るまでの流れを「カラーデザイン・商品企画」「セミナー・講演」「コンサルティング」で、 より美的で楽しい世界の構築のお手伝いをしていきたいと考えております。



"花の色”をテーマに、フラワーカラーコーディネート全般(花壇・寄せ植えの 花の色合わせ、フラワーアレンジメント・花束・ラッピングなどの色合わせ、花嫁に似合うブライダルドレス、ブライダルブーケ・会場装花など)個人の生活の中での 花の色合わせ から、植物の生産(生産植物と鉢の色、ラベル、POPのカラーコーディネート)、流通(花の商品企画)、販売(生花店、園芸店の中での販売促進の為のカラーコーディネート、CIカラー、商品・店内ディスプレー・コーディネートなど)、そして環境色彩、公共の花壇、ハンギングバスケット、街路樹などの”景観における花飾りの色彩”まで、幅広く関わってきました。


色は、実は、いつも同じ色に見えているわけでは、ありません。組み合わせるほかの色の影響により、変化してみえるのです。本来、美しい花色も、間違った鉢色の影響で、くすんで見えている残念な商品も時々見られます。
色彩は、単に人の好み、センスと言われますが、少し色彩の知識を学べば、こういった残念な場面を回避できるのです。花において、色彩はとても重要な要素なのです。花の販売に携る人だけでなく、花を生産する人も、色彩の基本的な知識は、必要なのです。


これからの時代、色彩やデザインは、経営資源となりうるでしょう。商品の出来、品質が良いことは当たり前の時代。付加価値は、いかにお客様の気持ちをつかむことが出来るか・・・・・特に、花の場合、購入するのは、ほとんどが女性です。
14年間、色彩講師を経験し、その中で感じたことは、女性は、皆さんとても色に敏感です。自分の好みや感性・イメージをとても大切にしています。いくら品質や機能面が優れていても、自分の感性にあわない商品には興味をもっていただけません。
女性にとって、好きな色、なんとなく気になる色は、理屈ぬきで心を満たしてくれる、心を幸せにしてくれるものなのです。


色彩は、経営においては、”経営資源”となり、同じくして、美しい景観も”町の資産”となりえます。
特に、観光地をもつ市町村において、景観色彩や町の花飾りは、人を呼び、自然と人が集まる賑わいの為には、大切な要素となります。そして、美しい町の花飾りは、そこに住む人々の町への愛着心につながることでしょう。
私の育った町には、桜の名所の五条川があります。
花好きな私にとって、一番好きな花は、、、桜です。
桜の淡いピンク色は、幹のダークグレイッシュなこげ茶色があるからこそ美しい・・日本らしい和の美を感じます。
幼い頃から、川一面に広がる桜のシャワーを浴びながら、育った経験は、 " 花の色 " を仕事にする今の私の基礎となっている気がします。
小さな町で、これといった産業もなく、有名なお店もありませんが、毎年4月の桜の時期には、多くの人々で、賑わいます。
そして、数多くの人々の心を癒しています・・


これからは、心や感性の時代です。花のもつ癒しや、花色心理は、このように大きな可能性を秘めているのです・・・





【 What's New 】

癒しマーケットに  『バラ診断』 で出店します。(2011.10.03)

愛知県庁のホームページ・あいち農産物生産流通レポート平成23年9月号フラワーページに記事を執筆し、掲載されました(2011.09.04)

農業高校にて、色彩の授業を行いました (2011.2)

マンション販売様にて、女性向け集客イベント(バラ診断&香りの薔薇ブーケ作成)を行いました(2011.1.29、30.)
詳細1詳細2詳細3

婚活パーティーにて バラ診断 を行いました。(2010.11.21)

「バラ診断」 による女性客をターゲットにした集客イベントをスタートしました。(2010.11)

日本ハンギングバスケット協会会報誌、特集 「景観に似合う花飾りの色と形 」というテーマで3ページ掲載されました(2010.10)。1ページ2ページ3ページ

『 花の色の専門講座 』 のご案内(2010.08.24)

ブログはじめました(2010.08,15)

Copyright (C) 2008 Haruko Ehara. All Rights Reserved.