当サイトは、文字サイズ「小」でご覧ください。 「表示」⇒「文字サイズ」⇒「小」

業務案内 事務所紹介 メール相談 サポート 報酬規定 お問合せ

農業経営、農業起業、アグリビジネスなどなど・・・
「農」「食」をキーワードに特化した社会保険労務士事務所を目指しています。


 日本の食料自給率はたった
40%
これは私たちの食生活の60%を輸入に頼らないと維持できないということを意味します。
日本はすさまじい経済成長をとげた世界有数の経済大国です。そんな経済大国日本が「食」からみれば外国に頼らなければ生きいけないのが現実です。

 現在、多くの食材・食品を諸外国からの輸入に頼っています。
輸入の大半をしめるアジア諸国も経済成長とともに食生活の変化・人口増加していくことでしょう。そして、各々自国の「食」を守るために自国のための生産に切り替える可能性もあります。

・・・となれば、
日本は他に頼れる国を探すのでしょうか。
やはり、自国の生産者にがんばっていただき、「日本の食」を支えていただなくてはなりません。

その肝心な日本の農業の現状は、超高齢化が進み担い手が不足し、耕作放棄地が増えているという大問題な状況です。昨年末から「農業他第一次産業を雇用の受け皿に・・」という動きが活発化していますが、当の受け入れ側(既第一次産業経営者)の準備はどうでしょうか?
また、単に緊急避難的な雇用の受け皿であっては断じていけません。
労働者として農業を生涯の職業にしてもらわないと何の意味もありません。


 
弊事務所は、40%の「食」を支えている農業者の方々と「食」を業とされているフードシステムの中におられる方々を応援するべく、また多くの消費者に「食」に対しての認識を持ってもらうために尽力したいと「農業に特化した社会保険労務士事務所」を目指します!!
橋本將詞社会保険労務士事務所の相談受付等案内板
有料メール相談・メール顧問      労務駆け込み相談(初回無料)
全国対応。メールにて労務相談、農業法人等で働かれている方からのメール相談受付はこちらから
クリック!
農業労務総合サポート!!
労務管理の現状を調査・監査。賃金から各種諸規定まで総合的にアドバイスさせていただきます。
クリック!
集落営農サポート
問題点汲み取り⇒整理⇒対策⇒説明⇒実行
方向性に迷われいる集落、組織化したときの問題など今の現状を社労士目線でアドバイス。⇒
クリック!
労災に加入したい個人経営者の方!     労災加入の希望の農作業従事者募集!
平成22年7月1日、京都労働局長の承認を得、「京都農ゆう会」が特定農作業従事者の一人親方団体としての動き出しました。農業者の労災保険についてはこちらをクリック!

お問い合わせはコチラから・・・

事務所MENU
業務案内
事務所紹介
メール相談
農業労務総合サポート
報酬規定
労務管理とその周辺知識
広義の農業を次世代に!
農業労務管理の必要性
農業経営と労働基準法
農業経営に必要な労務関係の帳簿
外国人の研修・技能実習制度
公的保険制度
農業者に関する労働社会保険の概要
農業者労災制度について
(特別加入制度)
その他
農業経営の新しい形(LLP)
集落営農サポート
特定法人貸付制度
サイトマップ
各種助成金情報1
「農業」と「食」について
消費者の皆様へ
低下する食糧自給率
農業者の高齢化と農地面積の減少
青果物流通経路
以前略
H19/3/8 「集落営農サポート」のページを新設。
H19/3/28「知って得する情報/助成金〜その2〜」を追加。
H19/4/22 HPをマイナーチェンジ。
H19/4/23「報酬規定」を追加。
H19/9/2「特定法人貸付制度」のページを新設。
H19/9/11メール相談を有料とさせていただきました。
H20/2/13「外国人研修・技能実習制度」のページを追加。
H20/4/4「メール相談」に労働者の方からの相談窓口を設置

H20/6/9「農業労務コンサルタントのブログ」とリンク。
(但し、内容はASブログの記事に修正・加筆)
H20/9/2HPをリニューアル!!
H21/2/13「農業労務アドバイス」スタート!
H21/4/26TOPページを少しチェンジ。
H22/2/20「助成金情報1」追加

H22/7/1「京都農ゆう会」が京都労働局長の承認を得、特定農作業従事者団体となりました。


Copyright (C)2004- HashimotoMasashi  Syakaihokennroumushi Jimusyo All Right Reserved