ステンドグラスで作ったミニチュア異人館・姫路城・他
仕切り線

ステンドグラスの製作技法を用いて、異人館などの歴史的建造物のミニチュアを
作っています。多数の色ガラス片を半田でつなぎ合わせた総ガラス製。
ここではその作品を紹介させていただきます。

うろこの家 風見鶏の館 萌黄の館
異人館の写真
ラインの館 旧ハンター住宅 旧ハッサム住宅
みなと異人館 シュウエケ邸 旧アメリカ領事館官舎

旧フデセック邸

製作日記


異人館以外の建造物

ノイシュバンシュタイン城

姫 路 城


                                           お問い合わせ メール  (Windows Live メール)


**************************************************************

異人館の多くは神戸の中心、三宮の山手、北野町に建っています。
この地区は先の阪神大地震の影響を大きく受けたところで
当時のTVのニュースでも異人館の被災の様子が映し出されていました。
代表的な異人館である”うろこの家”は中央の塔が折れており、
それを目にしたときは異人館もこれで見納めかと思ったものでした。

しかし、それから三年後当地を訪れてみると”うろこの家”は
見事に修復されていました。周辺もきれいに整備され以前にも増して
立派になっていました。その見事な姿に感動したのが製作を
始めるきっかけでした。自分のできるやり方でその姿を
残さないといけないと思ったのです。

製作に当っては出来るだけ実物に忠実にというのが一つの目標では
ありますが、厚みのあるステンドグラス用のガラスを細かく切るには
限界があるので、建物の細部は省略したり、
大きめに誇張したりすることになります。
私はその点にはあまりこだわらず、形や色が実物とは違っていても
雰囲気を大切にして、自分の表現で自由に作ることにしています。

そして丁寧に作ることを心掛けています! ・・・と言っても実際には
なかなかその通りにはいかないんですが・・・。
とにかく見ていただく方に少しでも感動していただけるような、
そんな作品であって欲しいと願いながら製作に励んでいます。

仕切り線

製作経過
この異人館シリーズの製作を始めたのは平成10年から。勤めの合い間に製作。
第1作目は”うろこの家”。6作目の”旧ハッサム住宅”を作った後、脱線して、
以前から作りたいと思っていたドイツの”ノイシュバンシュタイン城”を製作。
その後、また異人館の製作に戻る。

平成15年に初の作品展開催
        7月  画廊とらうべん   兵庫県三木市志染町 (NHK ”ぐるっと関西おひるまえ”で放映)
        9月  しあわせの村    神戸市北区山田町
       10月  風見鶏の館     神戸市中央区北野町
平成16年10月   NHK 、BS2の番組”だんちの達人”に出演
平成17年 5月  NHK神戸放送局1階ホールで展示  神戸市中央区中山手通
平成18年 6月  画廊とらうべん   ノイシュバンシュタイン城展示
平成20年 3月  ”みなと異人館”完成
平成20年 12月  ”シュウエケ邸”の主屋が完成
平成21年 5月  シーサイドホテル舞子ビラ神戸で展示   神戸市垂水区東舞子町
                 (NHK ”ぐるっと関西おひるまえ”と”ニュースKOBE発”で放映)
平成21年11月  ”旧アメリカ領事館官舎”が完成。
平成22年 4月  読売テレビ”大阪ほんわかテレビ”で作品紹介される。
平成23年 8月  三重テレビ放送制作の番組”欽ちゃんのニッポン元気化計画”で紹介。
平成24年11月  ノイシュバンシュタイン城  姫路市の”太陽公園”で展示、平成28年10月まで。(更新)
平成27年  3月  姫路城完成.
   現在は、彦根城を製作しています。(製作日記で紹介)

仕切り線

製作者
豊福信夫
神戸市西区在住。
ステンドグラス製作歴 20年以上。
現在は勤めをリタイアし、趣味として製作に専念。今が本物の人生。


区切り線カウンター