本文へスキップ

千葉県我孫子市で66年 木綿ワタでふとんを作っています。

〒270-1152千葉県我孫子市寿2-2-14     TEL.04-7182-0810
メール wata.huton@gmail.com 
メールには必ず返信しています。一日過ぎても返信が無い場合はお電話下さい。

渡辺寝具にご来店ありがとうございます

素材の良さ、魅力に時代遅れはありません。
天然繊維の木綿ワタは何百年も日本人に愛されてきました。
抜群の吸湿性・保温力・弾力性・やわらかい風合い。
手に取ればいつまでも触っていたい、
ホッとするやさしさがあります。
そんな素材の良さをたっぷり入れて、ふとんを作っています。
ワタという素材の持つ素晴らしさをぜひお試しください。
以下の写真は最近の仕事です。
 
 一番売れている柄です  ベッドで利用できる
薄い敷きふとん
ベッド向きの柄もあります
     
 お昼寝・長座布団 欧風の柄  肌掛けふとん
木綿ワタのふとんはお財布にやさしく、環境にも優しい商品です。
木綿ワタで作ったふとんなら5年〜10年と使った後で、
打ち直しの技術で直し、さらに何年も使い続けることができます。
使い捨てではない素材の丈夫さがあります。
最後に処分しても天然繊維ですので環境負荷が小さいすぐれものです。

ガラス細工のようなワタの花が咲きはじめました。7月、これからが盛りです。



店内にいただいた絵を飾っています。

 親類から沢山の絵をいただきました。
さっそく何枚か住まいに飾ってみました。
『絵といえば展覧会で見るもの』と思っていましたが、しばらくしてそれは少し違っていたのかもしれないと思うようになりました。
せっかくなので店内も少しきれいにして季節ごとの絵を飾る事にしました。
絵を飾って店内がの雰囲気が変わりましたので、お近くにお越しの節はお立ち寄りください。
まずは夏向きのものを飾りました。

絵ハガキも沢山いただいたのでDMとして活用しています。
DMをお客様にお送りしたことで、店内は
絵ハガキの原画に展示を改めました。
作者は妻の叔母にあたります。叔父が亡くなったことで絵の行き場が無くなり、当家で頂戴する事にしました。
画題は植物、風景、道具に絞られています。これら100枚ほどの植物、風景の絵をテーマを変えながら展示したいと思っています。
お近くにお越しの節は、ぶらりと店内をのぞいてください。
作者紹介  松島和子
1932年  茨城県岩井市(坂東市)生まれ
1952年  水海道第二高校卒業
1955年  女子美術大学洋画科卒業
1957年  千葉大学工学部工業意匠学科に
      聴講生として入学、色彩学を学ぶ
1959年  デザイン関連の仕事に従事
1973年  第一回個展を渋谷で開催
       以後特定の美術団体に所属せず
2000年  永眠

おかあさんのうた  サトウハチロー

  おかあさんの匂い

おかあさんの匂いは どんな どんな匂い
   ―  朝はかまどの    けむりの匂い
      昼はおべんとの    おかずの匂い
      晩にはかすかな   おふろの匂い
   
おかあさんの匂いは どんな どんな匂い
   ―  春はうれしい    ちょうじの匂い
      秋はやさしい    もくせいの匂い
      冬はひなたの    ふとんの匂い

おかあさんの匂いは どんな どんな匂い
 ― ひざにだかれりゃ  くず湯の匂い
   おはなしなされば  おも湯の匂い
   うたをうたえば   レモンの匂い
    
友人がメールで詩を送ってくれました。
詩の『
 冬はひなたの ふとんの匂い』の行にすぐに目がとまりました。
冬の代表的な匂いにあげられている事がうれしい。
この時代は当然木綿ワタのふとん。それしかない時代。
短い文章では書ききれない、思いが湧きました。
この詩を書いてくれた、サトウハチローありがとう。 
それからメールをありがとう。

注  ちょうじ・・・・・ジンチョウゲの俗称









浮世絵(鈴木晴信・ワタ繰り)僧正遍照の和歌の謎

 右の浮世絵は収穫したワタから種を取り除く作業の様子です。座っている女性の左にワタの繊維が見えます。また左足の近くにはこの道具によって取れた種が転がっています。ワタ繰りの作業としてずーと見ていたのですが、上部に書いてある文字情報が良く解りませんでした。
しばらくしてそれが僧正遍照の和歌と知れました。
遍照が出家する時に詠んだ歌
たらちねは かかれとてしも 
 むばたまの
 我が黒髪をなでずやありけむ

その解釈は
母は、まさかこのようなことになると思って、幼い私の黒髪を撫でたのではなかったろう。
となる。
和歌の内容はわかりましたが、この絵とどのような関係にあるのかがわかりません。
 最近、この綿繰器なる道具を手に入れることができました。早速同様の作業をしたところ、この謎が鮮やかに解けました。
私は何年もワタの繊維を手でむしりながらこの絵を見ていたのです。しかしそれでは永遠にこの謎 は解けなかったかもしれません。江戸時代のこの道具を使ったことがあるだれでもが解った事だったのです。勿論現代人でも見れば『なるほど』とクスリと笑いたくなります。
江戸時代の人のユーモアを実感することができます。
知りたい方はぜひ店頭にお越しください。
なるほどね。となります。
遠方の方にはメールでヒントの写真をお送りいたします。

絹織物に関する錦絵の膨大なコレクションの中に
1枚だけ混ざっていた。しかもタイトルは繭をつぶす。これは明らかにワタ繰りの様子で、絹織物に関する物ではありません。
大きな画像で見ていただけるようにリンクを付けました。
 英文の謎解きものっていますのでぜひ。

散歩の途中やお買い物のついでにお立ち寄りください





中ワタの説明用に写真を撮ったのですが、
誠に 残念ながらすべてが白にしか写りません。この感触だけはどうしても、どうしても触っていただくしか伝えようがありません。
色々なワタの見本を準備しましたので
ぜひ店頭で木綿ワタに触ってその素晴らしさを体験下さい。その独特の感触に思わず声が上がります。

木綿ワタのふとんのお手入れのすすめ




ふとんの打ち直し
 毎日お使いのおふとんに、汚れが目立っていませんか。打ち直しをすると、さっぱりしたふとんになります。
 また側(生地)が汚れていても、綿はまだ使えることがあります。
特に婚礼で持ってきたお客様ふとんはワタが痛んでいないので、直して使えます。
もし処分をお考えの場合、一度ご相談下さい。使える・使えないの判断は無料でいたします。
詳しくは打ち直しのページにどうぞ


羽毛布団のお手入れのすすめ

羽毛ふとんも直せます。
何十年も使うと生地が汚れたり、羽毛の偏り、吹き出しが見られるようになります。その場合生地を交換することをお勧めします。
新品同様になりますので、処分を考える前にぜひお問い合わせください。

左の写真はキルトの中の羽毛が偏ってしまった状態、静かに広げてみると偏りがあるとすぐに解ります。
詳しくはこちらのページにどうぞ



 2001年4月23日にUPしてから、あなたは大切な 人目のお客様です