AAミーティングとはどんなことをするのでしょう

1)「ミーティング」は、飲酒に関する体験談を話す場所です


 AAでのもっとも基本的で重要な活動が「ミーティングへの参加」です。
「飲酒について、自分が過去どうであったか、現在どうであるか」
 という体験談を正直にしゃべる。また、同じ問題をもつ他の人の体験談を聞くという場です。

 この体験談を話したり聞いたりすることが、飲酒に問題のある人たちの孤独をいやし、
 飲まないで生きる生き方を促進し、健康な生活に回復させるのに役立ちます。


2)「ミーティング」会場で話されたことは、外部で話されることはありません


 ミーティングの場で話されたことは、その場だけにとどめられます。
 外部で語られることはありません。

 AAではアノニミティ(無名性)の尊重を必須条件にしております。
 住所・氏名・年齢・電話番号・職歴・家庭環境などについて、話さなくてかまいません。

 ミーティングに参加して日の浅い方に対しメンバーがそれらを尋ねることはしません。
(万が一、会場のだれかから電話番号や住所等を聞かれたとしても、
 それに答える必要はありません)



3)「ミーティング」の現場は、おおよそこんな感じです

 大部分の会場では、参加者たちが、そなえつけのテーブルのまわりに置かれたパイプ椅子などに座ります。
 司会者の進行にしたがって、ひとりずつ自分の飲酒に関する体験談を話していきます
 (和室の場合もあります)。

 参加者が話したことに対して、司会者もほかの参加者も、コメントやアドバイスは一切しません。
 批判や議論もしません。自分の話す番がきたら話し、ほかのひとが話している間は、だまって聞きます。
 これを「言いっぱなし、聞きっぱなし」の原則といいます。
 
 
自分の番がきて話すときは、大体の参加者は適当なニックネームを名乗ってから話します。
 もちろん、本名を名乗ってもかまいません。

 
話す内容は、開催時に「テーマ」を司会者が提示しますので、それにそって話すことが多いです。
 司会者に指名されても、話す準備ができていない時や話したくない時は「パスします」といってかまいません。
 遅刻・中途退出も自由です。

 参加者の人数、性別や年齢の比率は、開催される時々によってまちまちです。
 固定した人数でおこなっているわけではありません。

 


4)「ミーティング」開催の時間帯は、夜7時からが最も多いです

 ミーティングは、一定の会場をお借りして、毎週決まった曜日の決まった時間に開催します。
 参加人数にかかわりなく、1回の開催時間は90分というのが大多数です。
 時間帯は19:00〜20:30が大部分です。(1時間の会場もあります)
 会場によっては午前10:00から、または13:30から開催というところもあります。
(他の時間帯のところもあります。
 詳しくは、当オフィス発行の「ミーティング一覧表」またはホームページ上の同表をごらんください。)



5)「ミーティング」会場は、開催の時間帯だけお借りしています

 ミーティングの催される会場は、公共の公民館や集会所が主です。
 あるいは教会の集会室をお借りして開催する会場もあります。(宗教とは関係ありません)
「グループ」という単位で、会場を用意し、開催しますが、ほとんど毎週開催します。
 なお、その時間帯に限り、場所をお借りしているだけです。
 会場への直接のお電話は、ご遠慮いただきますようお願いいたします。

 会場の開催状況等については、当オフィス03-5957-3506まで、お気軽にお電話ください 
 (年中無休10:00〜19:00。

 

6)「ミーティング」会場は、たくさんあります

 現在、都内23区内では1週間に約150か所、横浜ですと1週間に約100か所で開催しております。
 関東甲信越地域全体では、1都9県にまたがる1週間の会場数は約630カ所で開催されております。

 詳しくは、当オフィス発行の「ミーティング一覧表」またはWeb上の同表をごらんください。
 当オフィスにお電話でお問い合わせいただいてもけっこうです。

 

7)「ミーティング」参加に費用はかかりません

 
AAミーティングでは、入会金や会費はいただきません。
 会場の利用料やコーヒー等に必要な経費も、参加者の自発的な「献金」でのみまかなっております。
 そのため、会場には「献金箱」を用意しております。(献金袋を回す会場もあります)

 献金をするしない、金額などについては個人の自由に任せられております。
 なお、献金はアルコールに問題のある方ご本人に限ります。
 それ以外のご家族・関係者・他の自助グループの方の献金は不要です。





ホームに戻る