石ころ

きのうは子供を
ころばせて
きょうはお馬を
つまずかす。
あしたは誰が
とおるやら。

田舎のみちの
石ころは
赤い夕日に
けろりかん。

〔この詩の解説〕
←前の詩へ    次の詩へ→
『みすゞコスモス…わが内なる宇宙』
矢崎 節夫・著 JURA出版局