お 魚

  海の魚はかわいそう。

  お米は人につくられる、
  牛は牧場で飼われてる、
  鯉もお池で麩を貰う。

  けれども海のお魚は
  なんにも世話にならないし
  いたずら一つしないのに
  こうして私に食べられる。

  ほんとに魚はかわいそう。

〔この詩の解説〕
←前の詩へ    次の詩へ→
『みすゞコスモス…わが内なる宇宙』
矢崎 節夫・著 JURA出版局