花のたましい

  散ったお花のたましいは、
  み仏さまの花ぞのに、
  ひとつ残らずうまれるの。

  だって、お花はやさしくて、
  おてんとさまが呼ぶときに、
  ぱっとひらいて、ほほえんで、
  蝶々にあまい蜜をやり、
  人にゃ匂いをみなくれて、

  風がおいでとよぶときに、
  やはりすなおについてゆき、

  なきがらさえも、ままごとの、
  御飯になってくれるから。

〔この詩の解説〕
←前の詩へ    次の詩へ→
『みすゞコスモス…わが内なる宇宙』
矢崎 節夫・著 JURA出版局