空 の 鯉

 お池の鯉よ、なぜ跳ねる。
 あの青空を泳いでる、
 大きな鯉になりたいか。

 大きな鯉は、今日ばかり、
 明日はおろして、しまわれる。

 はかない事をのぞむより、
 跳ねて、あがって、ふりかえれ。

 おまえの池の水底に、
 あれはお空のうろこ雲。

 おまえも雲の上をゆく、
 空の鯉だよ、知らないか。

〔この詩の解説〕
←前の詩へ    次の詩へ→
『みすゞコスモス…わが内なる宇宙』
矢崎 節夫・著 JURA出版局