草 の 名

 人の知ってる草の名は、
 私はちっとも知らないの。

 人の知らない草の名を、
 私はいくつも知ってるの。

 それは私がつけたのよ、
 好きな草には好きな名を。

 人の知ってる草の名も、
 どうせ誰かがつけたのよ。

 ほんとの名まえをしってるは、
 空のお日さまばかりなの。

 だから私はよんでるの、
 私ばかりでよんでるの。

〔この詩の解説〕
←前の詩へ    次の詩へ→
『みすゞコスモス…わが内なる宇宙』
矢崎 節夫・著 JURA出版局