こッつん こッつん
 打たれる 土は
 よい畠になって
 よい麦生むよ。

 朝から晩まで
 踏まれる土は
 よい路になって
 車を通すよ。

 打たれぬ土は
 踏まれぬ土は
 要らない土か。

 いえいえそれは
 名のない草の
 お宿をするよ。

 ※ 打たれる=打(ぶ)たれる
〔この詩の解説〕
←前の詩へ    次の詩へ→
『みすゞコスモスA…命こだます宇宙』
矢崎 節夫・著 JURA出版局