お花が散って
 実が熟れて、

 その実が落ちて
 葉が落ちて、

 それから芽が出て
 花が咲く。

 そうして何べん
 まわったら、
 この木は御用が
 すむかしら。
 

〔この詩の解説〕
←前の詩へ    次の詩へ→
『みすゞコスモスA…命こだます宇宙』
矢崎 節夫・著 JURA出版局