見えない星

 空のおくには何がある。

   空のおくには星がある。
 
 星のおくには何がある。

   星のおくにも星がある。
   眼には見えない星がある。

 みえない星はなんの星。

   お供の多い王様の、
   ひとりの好きなたましいと、
   みんなに見られた踊り子の、
   かくれていたいたましいと。

〔この詩の解説〕
←前の詩へ    次の詩へ→
『みすゞコスモスA…命こだます宇宙』
矢崎 節夫・著 JURA出版局