用語解説






霊子線(シルバーコード)




『霊子線』の存在は、最近、臨死体験の研究が、テレビや映画でよく紹介されていますので、 けっこう有名になってまいりました。


霊子線(シルバーコード)、それは…、


「魂と肉体は、1本の銀色の糸 で繋がっている」


という、太古より伝わる霊的真理です。


皆さまも聞いたことがあるのではないでしょうか。


臨死体験談などでは、さんずの川の手前まで行ったのだが、家族の呼び戻す声が聞こえて、ぎりぎりのところで舞い戻ってきたという話がよくあります。

実は、その際、霊体である自分の頭から、肉体の自分の頭まで、1本銀色の糸』で繋が っているのを見たという報告が、数多くされているのです。


不思議なことに、その銀色の糸は、どんなに長く伸びても、どんなに複雑に飛び回っても、決して絡まったり、ちぎれたりしないそうです。

そして、この銀色の糸が肉体から切り離されたときが、実質上、 死が訪れた瞬間であると言われています。


この銀色の糸、『霊子線(シルバー・コード)』については、古代より様々な 文献に記されています。(たとえば、皆様よくご存知の『プラトン』が、その存在を言及しています。)


『霊子線』が完全に切れるまでには、通常、心臓が停止してから、丸1日 が必要だと言われています。(お通夜をする風習は、ここから来ています。)


『霊子線』が切れるまでは、魂は肉体の中に宿っていて、体を動かすことはできま せんが、まわりに何が起こっているのかに関しては、認識することができるようです。


ですから、


脳死後にすぐ解剖をしたり、臓器移植をすると、本人は恐怖と激痛で驚愕して、スムーズにあの世へ旅立つことができなくなってしまう、


という報告が、数多くの霊的能力を持った人々により、確認されています。