用語解説






魂の兄弟(グループ・ソウル)と守護霊




近年、数多くの霊界研究から、人間の『魂』は、霊界では単体ではなく、『6人で1人』を形成していることが明らかになってきました。


この6人のグループは、『魂の兄弟』とか『グループ・ソウル』などと呼ばれています。


『守護霊』というのは、霊界に残っている魂の兄弟、
つまり、自分自身の『魂の片割れ』なのです。



わかりやすく、たとえを使って説明しましょう。


人間の『魂』は、たとえて言えば、桜の花びらのような『複合生命体』として、創られています。


sakura.gif




魂の中核を成す『本体霊』とそのまわりの『5枚の花びら』は、
それぞれ個別に思考し、行動することができるのですが、


真相は、6人で、1つの『花びら』であるのです。


そして、『グループ・ソウル(魂の兄弟)』の中の1人が地上に生まれ変わる時、残りの5人の中の1番の適任者が、地上に生まれた『魂』を守る任に当たります。


その者のことを『守護霊』と呼んでいます。


守護霊というのは、地上に降りている人の『魂の片割れ(潜在意識)』なのですから、


全ての人間には、必ず守護霊が存在しているのです。






捕足1



通常、守護霊というのは、『魂の兄弟』の中の1人が担当することになっていますが、人によっては、他の『魂の兄弟』が、副守護霊(補佐)』を担当する場合もあるようです。






捕足2



6人で1人を形成しているのは、一般的な『霊』の場合です。

八次元以上の高級霊界に属している如来や大天使、九次元世界の地球神は、形態がもっと複雑になります。


参考・用語解説「多次元宇宙(霊界の構造)」






捕足3



四次元~五次元に住んでいる霊人たちは、自分が6人で1人を形成している『複合生命体』であることに気づいていません。

よって、そのことを説明しても理解できず、各人がバラバラに暮らしています。


六次元あたりになりますと、そのことに気づいている霊が、だんだん増えていきます。

そして、六人が個別に行動することができ、なおかつ、六人で一人という『統一意識』を明確に持てるようになるのは、七次元の菩薩や天使からです。






指導霊(守護神)




指導霊とは、



六次元上段界に属している『諸天善神』

七次元に属している『菩薩(天使)』

七次元上段界に属している『梵天』

八次元に属してい『如来(大天使)』

九次元に属しに属している『大如来(地球神)』



等、神格を持たれた高級霊のことを指します。(守護神と呼ばれることもあります。)