詳細書評


超能力・トリック・手品

[2001/07/30 Up]

"楽天ブックス "で購入

"livedoorブックス "で購入

 この本の編集を行った「ものの見方考え方研究会」なるグループは「と学会」よりもはるかに早い1979年に結成され、1982年に解散(はやっ!)した会で、この本も84年に出版されたものを94年に新装したものです。そして、立場は明確な「超能力批判」です。

 内容は当時(84年)のまま、ほとんど手が加えられていないそうですが、今でも十分に読み応えのする本です。逆に手が加わっていない分、当時の状況がしっかり残っていると言ってもよいでしょう。テーマは多岐にわたっていて、資料的な価値のは素晴らしいものがあり、その一つ一つを紹介しているだけでもかなりの量になります。

 「明治時代に起きた千里眼事件」「学者馬“ハンス”に由来する“クレバーハンスエラー”」「関口少年のスプーン曲げ騒動」「明治の懐疑主義者、井上円了氏によるコックリさん考」等など、味わいの深い内容です。(一部、ついて行けないようなテーマもありますが…)そして、あの高木重朗先生の「心霊現象のトリックについて」との項もあります。

 特にスプーン曲げと千里眼騒動については、ただ単にインチキとの指摘だけでは終わらず、それを取り上げるマスコミの姿勢に言及しています。闇雲に本物と断定する事はもちろん、否定するにもきちんとした道筋を立てることを求め、そして「いちいちそんな事に熱くなるなよぉ」的無責任発言の危険性を指摘しています。関口少年の超能力を支持する週刊誌とトリックを見破った週刊誌の論争を「大人気無い」と茶化しながら自らの見解を示さず、結局話がウヤムヤにしたマスコミ。おかげで肯定派が生き延び、その後何度となく繰り返されているブームは説明するまでも無いでしょう。

 今回、この文章を書くため、斜め読みしていましたが、ついつい読みこんでしまいます。そして、この本の出版された年(最初に書かれた81年、出版された84年、新装された94年当時)以降の事を本の中で予告し、警告していながらも現状はまったく変わっていない事を考えると複雑な気持ちになります。



追加書評

[2004/07/07 Up]


以下、私のHPの掲示板に感想を寄せられたwakashimu([懐疑論者の祈り]管理人)さんより頂いた感想です。
この本の良さを見事にまとめていますので、許可を頂き追記します。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

↑これ購入しました。いや、まじでこれかなり素晴らしい本でした。真の良書ですね。9つ星に同意。
というか私もぜひ、推奨あるいは必須文献に加えておきます。

ファラデーがタイムズ紙に寄稿した、ウィジャボードの実験の論文の全訳だけでも買いでしたが、なんといっても最初の板倉氏による”手品とペテンと科学の歴史”が最高!これが最初から大ヒットしました。読み手の趣味や興味によって面白さが変動するかもしれませんが、自分的には脳汁垂れまくりでした。なんというか、論考として面白いことはもちろん、私としては”生のお宝”のような情報をザクザク頂いたような感激でした。今昔物語から秀吉、江戸から明治に江戸川乱歩まで!!果ては海外の古典からインドまで!その後の章の高木先生やカッツの文章(これまたどちらも秀逸!)を読む前に再読してしまったほど興味深く面白かったです。その後のスプーン曲げも濃厚。とても素晴らしい一冊でした。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

wakashimuさんには改めて御礼申し上げます。

「Elwoodの選んだ本」に戻る