(前略)

で、4色ボールペン。

本を読むときに、ホントは橙色の蛍光ペンで線を引きながら読むの

が好きなのだが、時間に追われるにつれて、「おっ、此処いいな」、

キャップを取って、線を引いて、キャップを閉めて、という一連のプロ

セスがうっとうしくなった。そこで多色ボールペンの緑色で代用するこ

とにした。これならワンアクションでペン先が出る。

4色ボールペンなんて何でもよさそうなものだが、文章を書いていて

いきづまるたびに、机のあたりにあるものが気にさわる。ちょっとした

メモをとるボールペンなんてその最たるもので、もともと油性ボールペ

ンのダマがきらいなので、その書き味にだんだんイライラしてくる。

気がつくと、各社の4色ボールペンが手元に。いろいろ比較してしまっ

たわけだが、結論だけいえば、ボディのデザインが好きなのはトンボの

Reporter 4 。でも、インキがよくない。すぐにダマができる(とくに緑)。

インキはパイロットの 新油性インキ [BSRF-6F-色]。「新油性」を標榜

しているだけに、なめらか。ただし、ボディが…。これは同社の多色ボー

ルペン、 FEED GP4 とか FEED LIFTEC に入っているのだが、前者は

可動式クリップが主流になりつつある今日においてめずらしい、何の

工夫もないクリップ。後者 FEED LIFTEC は可動式の努力こそ買うもの

の、なんでボールペンに洗濯バサミをつけちゃうわけ?という感じ。

で、どうしたかといえば、ゼブラの クリップ-オン にパイロットのインキを

入れた。( Reporter 4 は他社の芯と太さが微妙にちがうのか、うまく芯

が出ない。)芯はパイロットのほうがカタログ上8.7ミリ長いのだが、少

しムダ書きしてインキを減らしたうえでカッターでクリップオンの実寸にあ

わせてカットして入れた。 クリップ-オン は、トンボのReporterほどスマー

トじゃないが、クリップが可動式である。クリップの色が透明なので、

LIFTECより見た目が軽やか。しかも「洗濯バサミ」のほうはそのボリューム

ゆえ上限3色なのだが、 クリップ-オン は4色、最近ではシャーペンを

さらにつけたもの( クリップ-オン マルチ )まで出している

(ただし、こちらはクリップが不安定なので、私は好きじゃない)。

ただし、 FEED GP4 FEED LIFTEC も、ペン先がグラつかないための

繊細な工夫をしてある。ペン先を凝視せよ。ペンの出口の穴の〈あそび〉

をなくしてジャスト・サイズにしたかわりに、ペンがスムーズにそこに行く

ように内部に溝が切ってある。この溝には、ボディの先端(ペンの出口)

が汚れにくくなるという効果もある。

(パイロットのほうでは、わざわざ宣伝していないみたいだけど。)

この点を考えると、固定クリップだけガマンして

FEED GP4 を純正のまま使うのがベストか。
って、なんとも凡庸な結論だね。