ホーム :研究成果 :業績の内容 :書籍 :

(共著)井上順孝編著『ワードマップ 神道』新曜社、1998年

前へ 次へ

(共著)井上順孝編著『ワードマップ 神道』新曜社、1998年
【内容紹介】
 古代から現代までの「神道」について、担い手、教義・思想、組織を軸に論じている。
 うち遠藤が担当したのは近世の神道である。前後の時代(中世・近代)とは区別される近世神道の特徴について、近年の研究成果をふまえつつ、社会現象と思想内容の両面を関係づけながら論じている。組織面からは、近世の神職組織を方向づけた存在として吉田神道の形成過程を扱う。また、地域や身分を越えうる信仰集団の形成にも近世の特徴を認め、講や流行神について説明している。文芸や儒学・国学などのサークルの形成が「神道」の伝統知に対して持ち得た意味についても明らかにする。教義・思想の面では、文献考証学が歴史的起源への問いを喚起し、ときに宗教的な純化傾向を示したことを論じている点などに特徴がある。

書籍 に戻る