ホーム :研究成果 :業績の内容 :

発表

前へ 次へ

発表
口頭発表 「村落社会と神葬祭運動」日本宗教学会、1992年(『宗教研究』195,1993年 に要旨掲載)
口頭発表 「国学における他界論」日本宗教学会、1993年(『宗教研究』199,1994年 に要旨掲載)
口頭発表 「平田篤胤と他界の思想」日本宗教学会、1994年(『宗教研究』203,1995年 に要旨掲載)
口頭発表 「後期国学の他界論」日本宗教学会、1995年(『宗教研究』207,1996年 に要旨掲載)
口頭発表 「後期国学における排仏意識と他界論」日本近代仏教史研究会、1996年
口頭発表 「〈他界〉をめぐる宗教的表象―19世紀日本における―」日本宗教学会、1996年(『宗教研究』211,1997年 に要旨掲載)
口頭発表 「幕末の平田派と白川家―国学の宗教性をめぐって―」日本宗教学会、1997年(『宗教研究』215,1998年 に要旨掲載)
口頭発表「幕末平田派と宗教的〈復古〉―白川家関東執役・古川躬行の活動―」日本宗教学会、1998年(『宗教研究』219,1999年 に要旨掲載)
口頭発表 「相馬の銕胤書簡―平田派における書籍の出版・流通―」神道宗教学会、1998年(→論文「国学者と読書行為に関する一試論」参照)
口頭発表 「幕末維新期の〈祖先〉論」日本宗教学会、1999年(『宗教研究』223,2000年 に要旨掲載)
口頭発表 「垂加神道と国学」論と論点整理」日本思想史学会パネルセッション「垂加神道と国学」、1999年
口頭発表(英語) he Cosmology of Shinto and National Identity in Modern Japan 2001年2月 the 3rd International Symposium: Religion and National Identity in Japanese Context, Tubingen University、2001
「平田篤胤の言説と江戸社会 ―初期門人の組織化と都市空間―」 日本宗教学会、2001年(『宗教研究』331,2002年 に要旨あり)
「共同討議 国学研究の課題」コメント、神道宗教学会シンポジウム「国学を考える―本居宣長没後200年を記念して」共同討議「国学研究の課題」、2001年

業績の内容 に戻る