ホーム :講義一覧 :2002年度 :

早稲田大学政治経済学部「東洋思想」

前へ 次へ

早稲田大学政治経済学部「東洋思想」

この講義は、 中国思想の歴史について、 世界観・宇宙観 (コスモロジー) および人間観 (人倫) を焦点としながら概観しようとするものである。 中国思想には多様な内容が含まれるが、 ここでは儒学を主たる対象として、 天をはじめとして、 世界や宇宙と人間の理解にかかわる基本的カテゴリーについて歴史的展開を意識しながら説明をおこなうこととする。 現代の日本に暮らす私たちにとって、 ともすると歴史的な中国思想はあまり関わりのないものにみえるかもしれない。 しかしながら、 日本の歴史をふりかえってみると各時代における思想の形成と展開は中国思想との深い関わりなしには考えられない。 現代日本の常識から簡単に類推して中国思想をとらえることはさけなければならないが、 各自、 中国と日本の文化的な距離、 現在と過去の歴史的な距離に留意してほしい。 講義は、 古代に成立したいくつかの思想的カテゴリーの考察からはじめ、 ほぼ時代の流れに即しながら主たる思想の概略について説明する。


2002年度 に戻る