ホーム :書庫はつらいよ。―活字と音と、それから、それから。― :2003年 :

2003/03/21 喫茶店の話

前へ 次へ

2003/03/21 喫茶店の話

意外なところにいい喫茶店をみつけた。
西武新宿線。マイナーなのりかえ駅。
駅の改札のスロープを降り、ふと後ろをふりむくと
駅の施設と見まごうばかりの場所にドトール風の喫茶店。
いつもドトールとスタバばかりじゃ退屈だよな、と思い、
期待もせずに入った。
すると、
210円のコーヒーがとてつもなくおいしい香りを漂わせている。
2階席にあがると
壁にかかった大きなジャズプレイヤーたちの絵と音楽。
ドトールと見せかけて実はジャズ喫茶だったのだ。なんと、なんと。
スピーカはボーズの例のやつで、ありがちといえばありがちだけど、
むしろ肩肘張らないのがこの「ドトール風」にはふさわしい。
窓の下には妙正寺川が流れて、川沿いの木がおだやかな感じ。
吉祥寺のジャズ喫茶を「失っ」て久しい私にとっては、
ちょっとうれしい発見だった。
四箇月も書いてゐなかつたので、
生きてゐる証拠に記してをきませう。
本家のサイトは、そのうち全面的に改装する予定。
時間が何処にあるのか、探してみないと展望はないが。


2003年 に戻る