ホーム :書庫はつらいよ。―活字と音と、それから、それから。― :2002年 :

2002/09/12 【音楽短評】鈴木重子『BRISA』/山下洋輔、ビル・ラズヴェル、坂本龍一『asian games』

前へ 次へ

2002/09/12 【音楽短評】鈴木重子『BRISA』・ 山下洋輔、ビル・ラズヴェル、坂本龍一『asian games』

先週、鷺宮に出たついでに鷺宮図書館でCD借り入れ。
鈴木重子『BRISA』
山下洋輔、ビル・ラズヴェル、坂本龍一『asian games』
鈴木重子は、ある集まりでBGMに「Dear friends」という曲が
かかっていて、これがよかったので他のものをチェックするため
に借り入れ。このアルバムのばあい、全体的に眠い。
最近、コンポ内蔵のCDプレーヤーを使用せずに、ポータブルの
CDプレーヤーをアンプに接続して聞くという方法をとっている。
これは、中音の質がよかったり、何となく音全体がまとまって
聞こえる、という効果があって気に入っているのだが、鈴木の
このアルバムのばあい、ちょっと逆効果なのかもしれない。
ただ、純正のプレーヤーで聞き直してみても、眠い。
やさしくて、いやされるような声も、聴き手しだいで眠くなっ
てしまう、ということか。「Dear friends」がかなり気に入って
いたので、その追体験を、ということだったのだが。
山下洋輔の1枚は、1曲目にビル・ラズヴェルの、というか
坂本『NEO GEO』っぽい音がする。これは予想どおり。
でも、あまりちゃんと聴かなかった。山下のピアノを聴きたい
ときには向かないかも。


2002年 に戻る