ホーム :書庫はつらいよ。―活字と音と、それから、それから。― :2002年 :

2002/02/03 【音楽短評】槇原敬之『Listen to the Music』

前へ 次へ

2002/02/03 【音楽短評】槇原敬之『Listen to the Music』

槇原敬之が『Listen to the Music』〈中野区立鷺宮図書館蔵〉
のなかでカバーしていた、大江千里「Rain」のオリジナルがききたく、 先日、家族に都合してもらって入手した。
槇原の歌から想像していたのとはちがって、大江のそれでは恋に
まつわる情けなさが全面に出ていた。槇原の歌の方が好みであるが、
大江の原曲にはある種の力があるように思った。彼の全盛期には
あまりに「青くさい」気がして敬遠していたのだが、その詞は意外に
屈折をふくんだものだった。ちなみに槇原の同アルバムには、もと歌の
魅力を再発見させる曲がいくつか入っていた。発表当時きかなかったも のとして、大江のほかにオフコースとかね。


2002年 に戻る