種別 タイトル 発表年 収録場所/発行所 備考
卒業論文 「空海の生死観」 1990年1月(提出) 東京大学(提出先)
修士論文 「近世・近代の社会と神葬祭の展開 ―日本における死の観念の社会史的考察の試み―」 1991年12月(提出) 東京大学(提出先)
著書(共著) 『東京帝国大学神道研究室旧蔵書』 1996年6月30日 東京堂出版 内容紹介
著書(共著) 井上順孝編『ワードマップ 神道』(担当部分「近世」) 1998年12月15日 新曜社 内容紹介
著書(共著) 井上順孝編『神社と神々』 1999年4月23日 実業之日本社
著書(共著) 国学院大学日本文化研究所編『神道人物研究文献目録』 2000年3月30日 弘文堂
著書(共著) 『日本史小百科 神道』 2002年2月28日 東京堂出版 「はじめに」
著書(共著) Shinto: A Short History 2003年6月 Routledge 『神道』(1998年)の英訳
論文 「神仏関係と神葬祭運動 ―岐阜県石徹白の事例を中心として―」 1993年3月31日 『東京大学宗教学年報』10  
論文 「文学部神道講座の歴史的変遷」 1995年3月 『東京大学史紀要』13  
論文 「平田篤胤の他界論再考 ―『霊能真柱』を中心に―」 1995年9月30日 『宗教研究』305  
論文 「近世・近代神葬祭運動の諸相」 1995年12月1日 『日本の仏教』4(法蔵館)
論文(英語) The Shinto Funeral Movement in Early Modern and Modern Japan 1998年9月30日 『国学院大学日本文化研究所紀要』82
論文 「幕末社会と宗教的復古運動 ―白川家と平田国学 古川躬行を接点として―」 1999年3月31日 『国学院大学日本文化研究所紀要』83  
論文 「丸山眞男と宗教史 ―宗教からみた『丸山眞男講義録』―」 2002年4月30日 『現代宗教』2002
論文(英語) The Cosmology of Shinto and National Identity in Modern Japan 2002年7月 Religion and National Identity in Japanese Context, Tubingen University
論文 「日本社会における神と先祖 ―19世紀の国学を焦点として―」 2003年6月 『死生学研究』1
論文 「「神道」からみた近世と近代―社会的文脈におけることばの意味をめぐって―」

2004年2月

『岩波講座 宗教 3 宗教史の可能性』岩波書店  
論文 「国学における「神典」解釈と死後の世界―『日本書紀』一書の顕幽を焦点として―」
2004年6月 松村一男編『生と死の神話』リトン  
論文 「国学の天体論と神代
―中庸・篤胤の論とそれにかかわる論争を焦点として―」
2004年12月 『明治聖徳記念学会紀要』復刊40号  
論文 「平田篤胤と吉田家
―19世紀の日本社会における国学の位置をめぐって―」
2005年2月

『日本文化と神道』1(國學院大學21世紀COEプログラム)

 
書評論文(共著) (Shimazono Susumu and Endo Jun) Religion 1999年 An Introductory Bibliography for Japanese Studies vol.XI(1995-1996) Part 2
書評論文(共著) (Shimazono Susumu and Endo Jun) Religion 2001年 An Introductory Bibliography for Japanese Studies vol.XII(1997-1998) Part 2
書評論文(共著) (Shimazono Susumu and Endo Jun) Religion 2003年(刊行予定) An Introductory Bibliography for Japanese Studies vol.XII(1999-2000) Part 2
論文(パネルセッション要旨) 「垂加神道と国学―先行研究と論点の所在―」 2000年9月 『日本思想史学』32
研究ノート 「国学者と読書行為に関する一試論 ―相馬高玉家宛平田銕胤書簡にみる書籍の出版・流通―」
2002年3月31日 『東京大学宗教学年報』19  
翻刻(共著) 近世社家文書研究会(代表 杉山林継)「〈資料翻刻〉相馬地方における平田銕胤書簡―解題と翻刻―」 2002年3月31日 『国学院大学日本文化研究所紀要』89:281-363
翻刻(共著) 阪本是丸[プロジェクト代表]「〈資料翻刻〉相馬地方における平田銕胤書簡 (II)」 2002年9月30日 『国学院大学日本文化研究所紀要』90
翻刻(共著) 阪本是丸[プロジェクト代表]「〈資料翻刻〉相馬地方における平田銕胤書簡 (III)」 2003年3月31日 『国学院大学日本文化研究所紀要』91
シンポにおける発言記録 「シンポジウム「国学を考える―本居宣長没後200年を記念して」―共同討議「国学研究の課題」」 2002年4月25日 『神道宗教』186
口頭発表 「村落社会と神葬祭運動」 1992年9月14日 日本宗教学会(『宗教研究』195,1993年 に要旨掲載)
口頭発表 「国学における他界論」 1993年9月11日 日本宗教学会(『宗教研究』199,1994年 に要旨掲載)  
口頭発表 「神道における伝統と近代 ―国学における宇宙-他界論の成立―」 1994年8月26日 日韓宗教学学術交流
口頭発表 「平田篤胤と他界の思想」 1994年9月10日 日本宗教学会(『宗教研究』203,1995年 に要旨掲載)
口頭発表 「後期国学の他界論」 1995年11月11日 日本宗教学会(『宗教研究』207,1996年 に要旨掲載)
口頭発表 「後期国学における排仏意識と他界論」 1996年3月30日 日本近代仏教史研究会
口頭発表 「〈他界〉をめぐる宗教的表象―19世紀日本における―」 1996年9月22日 日本宗教学会(『宗教研究』211,1997年 に要旨掲載) 要旨
口頭発表 「幕末の平田派と白川家―国学の宗教性をめぐって―」 1997年9月14日 日本宗教学会(『宗教研究』215,1998年 に要旨掲載)
口頭発表 「幕末平田派と宗教的〈復古〉―白川家関東執役・古川躬行の活動―」 1998年9月14日 日本宗教学会(『宗教研究』219,1999年 に要旨掲載)
口頭発表 「相馬の銕胤書簡―平田派における書籍の出版・流通―」 1998年11月29日 神道宗教学会(→論文「国学者と読書行為に関する一試論」参照)
口頭発表 「幕末維新期の〈祖先〉論」 1999年9月18日 日本宗教学会(『宗教研究』323,2000年 に要旨掲載)
口頭発表 「『垂加神道と国学』論と論点整理」 1999年10月30日 日本思想史学会パネルセッション「垂加神道と国学」
口頭発表(英語) The Cosmology of Shinto and National Identity in Modern Japan 2001年2月3日 the 3rd International Symposium: Religion and National Identity in Japanese Context, Tubingen University summary
口頭発表 「平田篤胤の言説と江戸社会―初期門人の組織化と都市空間―」 2001年9月15日 日本宗教学会(『宗教研究』331,2002年 に要旨あり) 要旨
口頭発表 「共同討議 国学研究の課題」コメント 2001年12月8日 神道宗教学会シンポジウム「国学を考える―本居宣長没後200年を記念して」共同討議「国学研究の課題」
口頭発表 「死後と異界をめぐる言説―19世紀日本における―」 2002年6月22日 宗教史学研究所定例研究会
口頭発表 「シンポジウム 国家神道研究と近代仏教研究のあいだ」コメント 2002年9月5日 日本近代仏教史研究会夏期セミナー
口頭発表 「近代日本の「神道」概念―制度と思想の接点―」 2002年9月14日 日本宗教学会(『宗教研究』335,2003年 に要旨掲載)
口頭発表 「気吹舎の学問と吉田家・白川家
 ―19世紀日本社会における意味をめぐって―」
2005年3月2日

国立歴史民俗博物館「神仏信仰に関する通史的研究」研究会

 
口頭発表 「平田派国学者と神葬祭運動―気吹舎と羽田野敬雄を中心に―」  2005年9月11日

日本宗教学会

 
エッセイ 「〈他界〉についてのウソとホント―死後世界研究への補助線―」 1996年9月 『国学院大学日本文化研究所報』192 全文
エッセイ 「私の研究視点―日本社会の死生観と多様な起源をめぐって―」 1999年7月25日 『国際宗教研究所ニュースレター』23 全文
インタビュー(共著) 島薗進・遠藤潤「宗教者に聞く―田無神社宮司・賀陽濟さんに聞く―」 2002年4月25日 『国際宗教研究所ニュースレター』34
書評 「川村邦光『幻視する近代空間』」 1991年3月31日 『東京大学宗教学年報』8
書評 「梅原龍太郎『他界論』」 1995年7月28日 『週刊読書人』1995年7月28日号
書評 「浅野美和子著『女教祖の誕生』」 2003年6月 『宗教と社会』9
書評 「松村一男・渡辺和子編『太陽神の研究』」

2004年6月

『宗教研究』340  
項目執筆 『神道事典』 1994年7月1日 弘文堂
項目執筆 『丸善エンサイクロペディア大百科』 1995年2月 丸善
項目執筆 『民間学事典』人物編 1997年6月10日 三省堂

平田篤胤、ほか

項目執筆 『世界の宗教101物語』 1997年4月1日 新書館
項目執筆 『日本歴史大事典』 2000年〜2001年 小学館
項目執筆 『神道史大辞典』 2004年 吉川弘文館