Logo : Atelier Tagu -a salon in Osaka Japan-

Site Map

You are in > Tea Reviews > Darjeeling 2nd.

Last Update : Nov 18 2012 JST
特に関係のない画像
Photo : Cups of tea.
ダージリン・セカンドフラッシュのレビューです。 この時期のダージリンには, マスカテルフレーバーと呼ばれるフルーティーな香りが芳醇に漂い, 一般に1年で最も美味しいダージリンとされています。


プーセリン 2007(ムジカ)

さっぱり。  ムジカのセカンドフラッシュです。等級はSFTGFOP1。ムジカ初登場の茶園になります。 茶葉は,やや青みのある香りがするシルバーティップス入りの茶葉で,淹れたときの香りや味も,芳醇さと呼ぶよりは,爽やかなまろやかさを持っています。渋みも弱く,飲んでいて苦になる事はありませんが,一方でセカンドフラッシュ特有の強烈な芳醇さには欠ける,とも言えます。この辺は好みで評価に差が出るところでしょうか。

【さっぱり 】−●−+−−−【重厚な】
【青々しい】−−●+−−−【芳醇な】

グームティ DJ-77(マヤトレーディング)

微妙。  マヤトレーディングのセカンドフラッシュです。等級はFTGFOP1(CL)。 このお茶も,茶葉はかなり芳醇で強い香りが漂っているように思うのですが, 淹れてみると,色の濃さとは対照的に香り,味わいともにかなり弱いです。 時間を置いてもそれほど渋みが出ない代わりに,香り,味も強くならず, かなり微妙な感じ。後味に若干の嫌味が残るのが気に掛かります。

【さっぱり 】−●−+−−−【重厚な】
【青々しい】−−−●−−−【芳醇な】

ジュンパナ DJ-63(マヤトレーディング)

いい香り〜  マヤトレーディングのセカンドフラッシュです。等級はFTGFOP1。 ジュンパナ農園といえば,なんといっても芳醇な香りが特徴なのですが, このお茶も淹れたときの香りはいい感じに漂っています。 味としてはさっぱり目で,もう少しコクが欲しいかな,という気もしますが, 時間を置くとしっかりとまろやかでフルーティな味わいがでます。これは渋みも良い感じです。

【さっぱり 】−−−+●−−【重厚な】
【青々しい】−−−+−●−【芳醇な】

マーガレッツホープ DJ-249(マヤトレーディング)

いい香り〜  マヤトレーディングのセカンドフラッシュです。等級はFTGFOP1(Muscatel)DL。 茶葉からは結構フルーティな香りがしていますが,普通に淹れたときの感じとしては, それほど香りを感じません。3分とか5分とかの蒸らしではまったく味がしない感じです。
 暫く放っておくと渋みと香りがでてきて,セカンドっぽい味になりますが, 特徴があまりない平凡な印象を受けます。

【さっぱり 】●−−+−−−【重厚な】
【青々しい】−−−●−−−【芳醇な】

マリーボン セカンドフラッシュ2006(ムジカ)

いい香り〜  ムジカの定番農園から。茶葉からの香りはやや弱く,淹れたときにも それほど強い香りは感じませんが, 口に含んだときの,若々しくもなく芳醇でもない,爽やかでフルーティな感触の味わいが絶品。 長めに蒸らしてもそれほど渋くはなりませんが,独特の味わいが消えて“ふつうのダージリン”になります。
 去年も似たようなことを書いているので,この味わいはここの農園の特徴なのでしょうかね?

【さっぱり 】−−●+−−−【重厚な】
【青々しい】−−−+●−−【芳醇な】

マリーボン セカンドフラッシュ2005(ムジカ)

いい香り〜  ムジカのダージリンです。等級はFTGFOP。茶葉からの香りはフルーティで, 淹れたときの香りもすっきり。一口飲んだとき口の中に広がる 重くなく軽くも無い爽やかな感触は 飲んでいてかなり気分を落ち着かせてくれます。 長く蒸らした時の渋みの出かたもいい感じで,これは普段飲むお茶としてはポイント高いです。

落ち着き度★★★★★★★

ゴパルダラ セカンドフラッシュ2005(ムジカ)

いい香り〜  ムジカのダージリンです。ムジカにお茶を飲みに行ったときに店長に貰いました(^-^。茶葉から漂ってくる香りは,ホントに葡萄と間違えるくらいのフルーティな香りで, 淹れたときのお茶の香りもそのままフルーティな感じです。 色はしっかりと紅色が出ていて,味もやっぱりフルーティ。 ちょっと雑味が感じられるかなぁ〜という気もしますが,飲みやすく,後味もさっぱりです。 長く蒸らすと渋みが出てきますが,いやな感じではないので問題なしです。

フルーティさ★★★★★☆☆

スタインタール・シルバーブロッサム(マヤトレーディング)

 マヤトレーディングのダージリンです。 スタインタール農園のシルバーティップスといえば 良くも悪くも軽めな口当たりのオーソドックスなダージリンなのですが, これが割りと味わい深かったりします。 10分くらい,じっくりと蒸らすとどっしりとした味わいが出て, それでいてどちらかというと軽めの後味なので, 時間を気にせずポットに入れて放っておいても気軽に飲めます。

オーソドックス度★★★★★☆☆

タルボ・Clonal TippyJ-223(リーフル)

 ↓と同じ吉祥寺の紅茶屋『リーフル』のセカンドフラッシュです。 等級はFTGFOP1。 淹れた時の水色は普通に紅色で, 香りの芳醇さがしっかり出ている以外,見た目は「普通の上質」なお茶なのですが, 一口飲むと,その味わいの個性が非常に際立っていることが分かります。 口の中一杯に,針葉樹系の林の香りと言うか, 松原に立ったときのような雰囲気が広がり, しかも後味がすっきりと消えていきます。リフレッシュに最適な感じです。 はっきり言って,私個人は「フルーティ」系のセカンドが好きで, この手の「草っぽい」系の味は嫌いなのですが, 「草っぽさ」を超えて「森林浴気分」まで突き抜けたこれはさすがの一言。 悔しいですが,とても美味いのです。 値段は6,300円/100g。はっきり言って高いですが,他には代え難い。

リフレッシュ度★★★★★★★

キャッスルトン・マスカテルDJ-132(リーフル)

 吉祥寺の紅茶屋さん,リーフルのセカンドフラッシュです。等級はFTGFOP1。 4種類テイスティングして気に入った2つを買ったのですが,その1つです。 茶葉は若干小さめのリーフで, 茶葉の香りはどちらかというとグリーンな感じ,水色は淡いめの紅です。 でも香りはかなりいい感じで, 蒸らしが3分でも芳醇なマスカテルフレーバーが香ります。 長く蒸らすと当然ながら香りは強くなり,より強いインパクトが出てきます。 本来香りの強いキャッスルトンにしては若干弱めですが, それでもさすがはキャッスルトンといったところ。 これで,このアホみたいな値段(4200円/100g)さえもう少し安かったら完璧なのですが。 (リーフルの値段表を見る限りではこれでもまだ安い部類のようです(-_-;)。

嗜好品度★★★★★★☆

バラスン・セカンドフラッシュ2004(ムジカ)

 ムジカのセカンドフラッシュです。等級はFTPGFOP。 イメージとしては非常におとなしめで口当たりの良い, 悪く言えば個性のない味ともいえる“標準的な美味しいダージリン”です。 香りも味わいも強くないですが,それでいて フルーティで紛れもないセカンドの特徴を持っています。 購入時に貰ったリーフレットにも書いてありますが, これからダージリンを飲んでみようという人に飲みやすいかも。 ちょっとミルク向きではないのが個人的にはもうひとつ。でも美味しいです。

個性★★☆☆☆☆☆

バダンタム DJ-260(マヤトレーディング)

 下のものと同じ,マヤ・トレーディングさんのセカンドフラッシュです。 等級はFTGFOP1。クローナル樹種だそうです。 茶葉はシルバーティップスを若干多めに含んでいて, 香りはかなりファーストのような“若い葉っぱ”という感じがします。 淹れた時の感じは,もはや慣れてきた感じの草っぽさが漂いながら, それでもしっかりとダージリンの渋みと舌触りが出ています。 若干長めに蒸らすと草っぽさも影をひそめるので,かなり良い感じかと。 それにしてもこの微妙に繊細な草っぽさは,慣れないうちはちょっとアレでしたが 慣れてくるとそれはそれでこういうのもアリかと感じるようになってきました。 芳醇さが欠片もないのは残念ですが,そういう性質と割り切れば美味しいです。

慣れたら美味しいシブ好み★★★★★☆☆

グームティマスカテルバレー DJ-35(マヤトレーディング)

 マヤ・トレーディングさんのセカンドフラッシュです。等級はFTGFOP1。 このお店のお茶は, 比較的にかなり繊細で青っぽいクセのある茶葉が多いのですが, このお茶もそういう感じです。 水色は淡い紅色。 普通に3分蒸らして飲む1杯目では,茶葉の青っぽさがかなり際立っていて, 5分〜10分と長く蒸らすと徐々に味わいが出てきます。 10分蒸らしても全然渋くないのは,かなり良い感じ。 ちなみに香りもかなり青味が際立っていて, 【芳醇←−−−−−●−→青味】な感じです。 それにしてもこの味,どこかで飲んだことあるような気がするのですが, …思い出せませんでした。 多分レピシエのお茶にこういう味のやつがあったような。

マスカットフレーバー度★☆☆☆☆☆☆

ゴパルダラ・セカンドフラッシュ2004(ムジカ)

 最近のムジカではおなじみになったゴパルダラ農園のセカンドフラッシュです。 等級はFTGFOP1。 この農園のイメージは,“かなりどっしりとコクのあるフルーティさ” だったのですが,これはどちらかというとおとなしい感じです。 さっぱりとしたフルーティな香りに, 渋みもあまりなく,意外に上品な味わいで, 嫌味を感じないので気分良く飲むことが出来ます。 長く蒸らすと出てくる渋みも小気味良い感じで嫌味がありません。 なんというか“無難”に落ち着いているという印象もありますが, 少し濃い目に淹れたときのマスカテルフレーバーはかなり病み付きです。 ストレートでも良し,ミルクティでも良しと,全く文句なし。

幸福度★★★★☆☆☆

キャッスルトン・セカンドフラッシュ2003(ムジカ)

 ムジカのセカンドフラッシュです。 キャッスルトン農園の紅茶といえば,最高峰中の最高峰というイメージで, 普通に買うと,とにかく高いのでかなり気合を入れないと買えないのですが, ムジカなので,相当安く買えます。まぁ,それでも2000円/100gはしますけど。 シルバーティップスを含んだ茶葉は,芳醇というよりはやや青々しい感じの香りで, 飲んだときの感じは,キレのある日本酒のような爽やかな後味が残ります。 少し濃い目の2杯目にはイメージは一転し,香りたつ芳醇な味わいとなります。 3年前に,キャッスルトンを初めて飲んだときに「生きてて良かった」と思ったのですが, それに匹敵するほどの満足感を得られました。まぁ,その辺は好みでしょうけど。

至高度★★★★★★★

ミム・セカンドフラッシュ(ムジカ)

 ムジカのセカンドフラッシュ・ダージリンです。等級はFTGFOP1。 上品で豊かな香りの茶葉に,淹れたときの赤みのオレンジ色が特徴で, さわやかな葉の香りと,一瞬だけ感じるマスカテルフレーバー, その後に結構強めに感じられる渋みが,リフレッシュ用にちょうど良い感じ。 2003年のセカンド第1弾としては,ちょっと芳醇さが少なくて物足りなさげですが, 気がつくと真っ先になくなっていたので,微妙に好みだったりするかも。

日常度★★★★★★☆

キャッスルトン・セカンドフラッシュ ダージリン2002(ムジカ)

 ムジカのダージリン・セカンドフラッシュです。等級はFTGFOP1。 確か100gで2100円でした。レピシエ等では5000円以上するのでお買い得(^-^。 さて,茶葉を見てみると,マスカテルと呼ばれる芳醇な香りはかなり強いですが, 実際に淹れてみると意外に軽い感じの味わい,舌触りで, 普通に3分蒸らした感じではちょっと物足りない感じを受けました。 2杯目,3杯目ではコク,渋みが出てきてちょうど良い感じで, 雑味が出てこないので長く蒸らしてお湯で割るとかでも良いかも。 香りは悪くないですがこちらもちょっと軽めで, 茶葉のときの香りは一体どこ行ったの?という感じですが, 淹れ方をいろいろ変えてみたらしっくりいく,かも。 評価としては,“美味しいんだけどなんか微妙”。

お買い得度★★★★★☆☆

ゴパルダラ・セカンドフラッシュ ダージリン2002(ムジカ)

 ムジカのダージリン・セカンドフラッシュです。等級はFTGFOP1。 茶葉はとても芳醇な香りがしており,フルーティーなセカンドの特徴を予感させます。 淹れてみると,マスカットフレーバーは余りないかわりに落ち着いた香りで, 紛れもない“セカンドフラッシュ”のしっかりした味わいを楽しめます。 お店の説明ではファーストフラッシュの流れを受けている印象とありましたが, そんな感じもするかな?といった感じで,やっぱりセカンドです。 まったりと浸るのに最適。

マスカットフレーバー度★★☆☆☆☆☆

ピュッタボン2nd. 01-2(レピシエ)

 レピシエのダージリン・セカンドフラッシュです。等級はSFTGFOP1。 茶葉の大きさは普通くらいで,茶葉から漂う香りがなんともフルーティーで良いです。 淹れたときの水色はやや薄めのオレンジ色ですが,味は結構どっしりとしていて, 味にも香りにもかなりしっかりとマスカットっぽさが漂っています。 後味に残るかすかな渋みも心地いいくらいで,これは,かなりのヒットです。 ま,この辺りは好みの問題でしょうから,人それぞれなのでしょうけど(^_^;)。 ちょっと常備しておきたい感じのお茶ですね。値段も2,800yen/100gと,まずまず。 少しだけ蒸らしを長くするとコク,渋みが深くなるのも個人的に好きです。

さっぱり幸せ度★★★★★★★

スタインタール・シルバーティップス2nd. 01-3(レピシエ)

 レピシエのダージリン・セカンドフラッシュです。等級はSFTGFOP1。 茶葉はその名の通り,かなりがシルバーティップスで,大きさはやや細かめです。 淹れたときの水色は標準的なオレンジ色。香りは結構フルーティーな感じで, 味はさっぱりとフルーティーながらも深みがある感じの,複雑なイメージです。 一般的に夏摘み(セカンド)はマスカットフレーバーと呼ばれる味わいですが, 渋みがある程度主張しているためか,マスカット的な味わいは強くなく, かえってさっぱりとした後味で飲むことが出来ます。 夏の暑いときにホットで飲んで美味しいお茶ですね。値段が高いのが残念です。

渋さっぱり度★★★★★★★

スタインタール2nd.00-2(レピシエ)

 レピシエの夏摘み(2nd.)ダージリンティーです。等級はSFTGFOP。 さっぱりとした香り,さっぱりとした渋み,さっぱりとした舌触り。 とにかく「さっぱり」したお茶である,という表現に尽きます。 セカンドフラッシュの特徴であるちょっと枯れたような感じの味わいはありますが, それもそれほど強くは無く,マスカットフレーバーなどもほとんどありません。 逆に言えば,ダージリンにありがちなアクの強さがない,ということでもあるので, 普段ダージリンを飲みなれていない人にはちょうどいいくらいなのかもしれません。 「オーソドックス」なダージリンとしてはかなりオススメの部類でしょう。

オーソドックス度★★★★★★☆

アリア2nd.(レピシエ)

 レピシエのダージリン・セカンドフラッシュです。 アリヤといえば上質の茶葉を産出する農園として有名ですが, この茶葉は美味しいとはいえ,それほどではありません。 それでも,セカンドフラッシュ特有の, ちょっと枯れたような香りと味はしっかりと伝わってきます。 ダージリンがどんな味か聞かれたときにこの味, と説明できるほどダージリンっぽい味で, 蒸らし時間が長くても渋くならないため,普段飲むのにいいかもしれません。 ただ,それにしては値段が高すぎる気がします。

ゆったり度★★★★☆☆☆

キャッスルトン2nd.00-2(レピシエ)

 ダージリン地方・キャッスルトン農園のセカンドフラッシュ。等級はFTGFOP。 ダージリンティーはその繊細な味わいのために高価なものが多いですが, これはその中でも上質な茶葉を生産しているため非常に高値がつくお茶です。 値段は5000yen/100g。 しかしこの2nd.はその値段をだしても惜しくない,と断言できる味です。 セカンドフラッシュ独特の芳醇な渋みと,マスカットのような香りは絶品。 レピシエのベストティー。といっても過言ではないでしょう。

至福度★★★★★★★