Logo : Atelier Tagu -a salon in Osaka Japan-

Site Map

You are in > Tea Reviews > Others

Last Update : Jun 10 2012 JST
特に関係のない画像
Photo : Cups of tea.
その他のお茶のレビュー。


杵築紅茶 べにふうき(ムジカ)

 大分産の紅茶・杵築紅茶の2005年ラインアップです。 茶葉自体の見た目や香りは“大人しめの中国茶”なのですが, 淹れてみると桜のようなそうでないようなと言うか, とにかく上品に甘い花のような香りがします。 それでいて口当たりもまろやかで, 飲んでいて,飲むのが勿体なくなるような,そんな気分になります。 調べてみると中国種の茶樹とダージリンの混種だとか。 そう言われるとなんとなく納得。中国茶とダージリンの両方の特徴を持ってます。 両親に良く似た,ただ間違いなく親よりできの良い子供です。 蒸らしがちょっとでも長いと途端に渋くなるので注意。

酔うような香り★★★★★★★

杵築紅茶 べにたちわせ(ムジカ)

 杵築紅茶の2004年版ラインアップです。 下の「桜」はなんか不評だったらしく, 代わりにこれがムジカの店頭に並んでいました。 水色は濃くて見た目渋そうですが,実際の渋みはほとんどなく, コクというかなんというかわからないのですが, ヌワラエリアとロウグロウン種の中間のような, 要するに“渋くないセイロン”のようで独特な味わいを持っています。 悪い意味にとると押しが弱いということにもなりますが, かえって紅茶を飲みなれない人にもすっきりと飲めるかも。 後味がさっぱりしているので, ニルギリの代替として中華料理を食べた後などにもいけるような気がします (ニルギリは油物のあとに飲むとさっぱりするのです)。

押しの強さ★★★☆☆☆☆

杵築紅茶 〜桜〜(ムジカ)

 下にある「杵築紅茶」と同じお茶です。こちらはそれに桜の花?で香りを付けたもので, もともとのややどっしりした香りと味わいが,桜もちのような香りがつくことで すっかり華やかで爽やかな感じになっています。 飲んでいて,これが紅茶であるという気が「全然」しません。 なんとなく,極上の和菓子を食べているような気分です。 やっぱり付け合せは和菓子がぴったりなんだろうな,という気はするのですが, 試しにマカダミアチョコと一緒に食べてみたところ,かなりいけてました。 甘いお菓子との相性は抜群のようです。 ほっとしたいときにピッタリ。

微妙度★★★★★★★

杵築紅茶(ムジカ)

 ムジカで売っていた,国内産の紅茶です。 調べてみたところ,大分・杵築で数年前に復活したお茶らしく, その道の人たちには割と有名なのだとか。(もちろん知りませんでしたが) 茶葉はOPタイプで,香りは結構強いスモーキーな香り。嫌味はありません。 淹れた感じは濃い紅の色に若干トマトぎみの香りと味わい。 上質のセイロン/ローグロウンのお茶。この表現で全く間違いがないと思います。 ラトナピュラとか言われて飲んだら絶対気付かない自信があります(^_^;。 1000円/100gで,割と手頃な値段なので結構いいんじゃない?と思います。 頑張れ国内産!

本格度★★★★★★☆

Ilam Valley Tea(ムジカ)

 ムジカで売っていたネパールの紅茶です。2002年(多分)のセカンドフラッシュ。 なんと値段は400円/100gです。ダージリンのセカンドと比べて桁一つ安いです! 売っているのはムジカなのですが,ムジカブランドのものでは無いみたいで, なんか袋も適当っぽく,ラベルには 「Himalayan Shangri-la Tea Producers」と書いてあります (店の人に聞いたら何処か〔←聞いたけど忘れた〕の物産展で余ったものだそうです)。 茶葉はダージリンのセカンドフラッシュと区別がつかない,というか同じで, 茶葉から漂ってくるマスカットフレーバーはむしろ今年のダージリンより強いです。 味わいもそのまま芳醇なダージリンで, しかも今まで飲んだダージリンのほとんどより芳醇。 これに匹敵する香りと味わいは, 2000年のキャッスルトン(5000円/100g)くらいかなぁと言うくらい。 これはヒットでした。2002年セカンドフラッシュの中では際立ってます。 ネパールですけど。

超ダージリン度★★★★★★★

ネパール(レピシエ)

 名前から容易に想像がつく通り、ネパールのお茶です。等級はSFTGFOP1。 場所が近いからかもしれませんが、感じとしては結構ダージリンに似ています。 お茶を淹れたときに漂う香りはまさにダージリンそのもの、といった感じ。 しかし、口に含んだときの味わい・香りはダージリンとはまったく異なります。 ダージリンの1st.のようなトロトロ感はなく、2nd.のような枯れた感じもありません。 ひとことで表現するなら「さっぱり」ですね。良くも悪くもさっぱりとした味わいです。 そういった意味ではヌワラエリヤ・ラバーズリープの方に近いものがあるかもしれません。 割と早い時間で渋み・嫌味が出てくるので飲むときは時間をかけずに飲みましょう。

偽ダージリン度★★★★☆☆☆