Logo : Atelier Tagu -a salon in Osaka Japan-

Site Map

You are in > Logs

Last Update : Aug 26 2003 JST
特に関係のない画像
Photo : A Man Thinking Over.
以前に書いた,そこらへんのトピックです。まぁ,日記代わりみたいなものかも。


Aug 26 2003 [ 万能イーゼル ]

Link to : ZDNN「Macromedia、Visual Basic開発者を狙うMXシリーズ新版 」

―木彫りの仏像は,彫り師が造るのではない。
 彫り師は,木の中に眠る仏を,見つけているだけに過ぎない―
昔誰か偉い人が,そんなことを云っていた。
だとしたら,今,目の前にあるキャンバスがずっと白いままなのは,
きっと,たまたまこのキャンバスに,大した作品が入っていないからなのだ。

 「…そんなわけ,ないか」
新品のイーゼルを数本とりだし,リンゴを剥いて刺して食う。
そのまま,壁の落書きに向かってダーツ代わりに投げる。刺さる。
 「なんか,他にやることねぇかなぁ」
現実逃避を兼ねて,イーゼルを暇つぶしにもてあそびながら,
キャンバスに向かう以外のイーゼルの使い方を考える。
考える。振ってみる。切ってみる。刺してみる。考える。
 「…意外とないもんだな。」
絵描きのツールは,所詮絵を描くため専用ってことか。
それとも,このイーゼルに眠る何かを見つけられないだけか。

ひとりごちる。
 「まぁ,絵描き以外が,初めてツールを使ってみたら,案外面白いかもな。」

Aug 15 2003 [ 絶世の美女 ]

Link to : アサヒコム「よみがえった伝説のエジプト王妃、ミイラから顔を復元 」

 「そういえば,『美女』って言うときに,どんな想像します?」
閑散とした通りに面した,目立たない一軒のコーヒーショップ『CLOSED』。
私が一杯のコーヒーでまったりとくつろいでいると(何気に悪質な客だ),
カウンターで暇そうにカップを洗っていたナカジマが,思い出したように聞いてきた。
 「急になんでまた?」
 「いや,そこの記事を読んでてちょっと思ったんですよ。なんとなく。」
 「…『美女』ねぇ。うーん,グラマーでちょっとケバくておミズ系な感じかなぁ?」
こちらも暇だったので適当に応えてみる。
 「またえらい偏ってますねぇ。じゃあ,『絶世のエジプト美女』だったらどうです?」
 「クレオパトラみたいな?」
 「名前じゃなくて具体的なイメージで。」
 「うーん,色黒で彫りがめちゃ深くて,ごっつい金のイアリングしてて,
それから緑のアイシャドウとかしてそうな感じ。あと,ヘアスタイルはポルナレフで。」
 「…微妙ですねぇ。まぁ,さておき,それって『美女』だと思います?」
思わない。
でも『絶世のエジプト美女』と云われたらそうなるのだからしょうがない。

 「王宮じゃモテモテだったんじゃない?うちら庶民には分からんさ。」

以前のコラム

以前書かれたその他のコラムは過去ログのページへ