Logo : Atelier Tagu -a salon in Osaka Japan-

Site Map

You are in > Logs

Last Update :Aug 29 2004 JST
特に関係のない画像
Photo : A Man Thinking Over.
以前に書いた,そこらへんのトピックです。まぁ,日記代わりみたいなものかも。


Aug 29 2004 [ LUMIX FX-7 ファーストインプレッション ]

もちろんLUMIXで撮った写真じゃありません Link to : Panasonic LUMIX FX-7

 と,いうわけで,パナソニックのデジカメ「LUMIX FX-7」を買ってみました。 コンパクトなサイズにズーム3X,2.5インチ液晶ファインダーといった 最近はやりの機能はとりあえずぶち込んで, そのうえで新描画エンジンを搭載, さらには高機能の手ぶれ補正まで積んでいるという, かなりいい機体です。もうなんというかマストアイテム。
 特にこの「手ぶれ補正」は,他のどこのメーカも いろいろと事情があってコンパクトデジカメでは出していない機能で, このタイプのデジカメを使ったことある人なら誰もが悩まされるぶれを 劇的に改善してくれるというスグレモノなのです (前のバージョンでもあったのですが, コンパクトデジカメというにはちょっとカッコ悪かった)。 んで,早速使ってみました!

 もともと使っていたデジカメがミノルタのDimageだったので, ちょっと操作系(特に撮った後のレビュー操作)には違和感があったのですが, それは人それぞれ,というところで, 基本的にほとんどオート設定で,露出やホワイトバランス,あとフラッシュは適宜 マニュアルでも可,とまぁ普通です。 で,最も気になる手ぶれ補正ですが, コンパクトデジカメ特有の撮影スタイル「片手撮り」でもまったく問題なし。 従来シャッタースピードや感度操作でしかぶれを低減できなかったのが, 何も考えずにばっちり。これは暗いときの撮影に特に威力を発揮します。

 ただ,ちょっと気になったのがバッテリー周り。 連続撮影枚数が120枚,充電はバッテリー取り外し,使用中にちょっと熱いなど, 微妙に気になる程度には不親切です。使う上で常に関わってくることなので残念。

Aug 13 2004 [ 英雄にはなれない僕らだから ]

いやーいい話だ(T_T Link to : 偽与野区役所

 読書が趣味な生活を送っているせいか,インターネットをうろつくときも “何か面白そうなストーリー”というのをつい探していたりするのですが, そんな中で見つけた,珠玉のFlashムービーをちょっと紹介してみたり。

 それは偽与野区役所というサイトの,「英雄にはなれない僕らだから」。 ストーリーは,ヒーローに憧れる少年だった主人公が高校で演劇部に入り… というものだけれど,あちこちに小気味良いスパイスが効いてて, また音楽の選曲も良く,観ていて引き込まれること間違いなし。 ついでに後味の良いラストで,もうなんというかイチ押しです。

 他にも同じくしんみりと後味の良い「終わらない鎮魂歌(ウタ)を歌おう」や, かなりツボにはまる脱力系「横浜くんと次本くん」など, 傑作がそろっているので,はやく次回作が観たいという気分です。

 イチオシ。

以前のコラム

以前書かれたその他のコラムは過去ログのページへ