Logo : Atelier Tagu -a salon in Osaka Japan-

Site Map

You are in > Logs

Last Update :Dec 30 2004 JST
特に関係のない画像
Photo : A Man Thinking Over.
以前に書いた,そこらへんのトピックです。まぁ,日記代わりみたいなものかも。


Dec 30 2004 [ Book of the year 2004 ]

Link to : Amazon.co.jp 恩田陸「夜のピクニック」

今年のベスト。  この年末,風邪をひいて数日間寝込んでいました。 そのあいだ,やることはないしテレビもつまらないしということで, 片っ端から,未読で部屋に積んである本や本棚に押し込んである本を読んでいました。 というわけで,読み漁りついでに今年のマイブックオブザイヤー発表,なのです。

 文句なしの1位は恩田陸「夜のピクニック」。
夜を徹して80kmの道のりをひたすら歩く“歩行祭”というイベントを舞台にした, ただひたすらに歩き続ける高校生の物語です。 足が棒になるまで歩きながらも友達と語り,普段考えないようなことを際限なく悩み, 風景に見惚れたり自然に感動したりしながらゴールを目指す姿は, 読んでいて気分が良く,読後感ももの凄く気持ちいいです。 学生の時にも,社会人になってからも自分が似たようなイベントをやってるからかもしれませんが (京都百万遍→奈良公園:40kmのミッドナイトウォーキングとか,兵庫須磨浦公園→宝塚:60kmの六甲縦走とか), 読んでいて非常に共感したりもしたのでした。 全ての知り合いに読んで欲しいと思うくらいの傑作です。

 個人的なところとしては, 私の本棚の最上段にちょうど2年間居座った「終戦のローレライ」を押しのけて “生涯通して読んで良かったと思う本:現時点ベスト1”です。

 マイブックオブザイヤー2位は横山秀夫「臨場」。渋いです。
 3位はダン・ブラウン「ダヴィンチ・コード」。引き込まれます。

 後から知ったことですが,「夜のピクニック」は“本の雑誌が選んだ2004年度ベスト10”第1位だそうで, 普段“ランキング1位”の本は意図的に読まないようにしている私としては, ランキングを知らないでこの本を手に取ったことはかなりの幸運かも。 神様に感謝。謝々。


Dec 27 2004 [ そして巡りあう日々 ]

Link to : プラネテス公式サイト

全巻揃った〜♪  NHKでまだ微妙に放送中だったりするアニメ「ΠΛANHTE(プラネテス)」 のDVD9巻(完結)を購入,早速観てました。 このアニメ,というか原作のマンガがとても好きで, 実はこのサイトを作るきっかけにもなってるくらいの 影響を受けているのですが(見る限りその片鱗もありませんけど), そのDVDの最終巻とあってかなりドキドキしながら観てました。

…原作で凡そのストーリーは分かっているはずなのにちょっと泣きました。 いい話だぁ〜(ToT)。

 あらすじとしては近未来2075年の宇宙(衛星軌道)でゴミ拾い業をやっている主人公が, 人類初の有人木星探査船のクルーになることを目指して頑張るという話(全26話)なのですが, 原作には居ないオリジナルのキャラクターがかなり幅を利かせていて 前記のあらすじとメインのエピソード以外はほとんど原作と違っていたりします。

 で,最終巻では,木星行きの宇宙船がテロに狙われ(24話「愛」),主人公がヒロインの遺言状を読み(25話「惑い人」),そして木星出発(最終話)となっているわけですが, ヒロインが原作ではそれほど噛んでいないエピソードに めちゃくちゃ出てきていて,その関わり方が衝撃的でした。 というか酸欠で四肢不随(ネタバレ?)というのは完全に想像外です。

 というわけで最終話ではホントにちょっと涙が出ました。 機会があったら何度でも見返したい,そんなアニメーションです。傑作。


Dec 13 2004 [ サイパン旅行アルバム ]

Link to : None

ホテルからの風景  職場旅行!と,いうわけでサイパンに行ってきました。 到着は10日の午前3時。気温は27度くらいで, まったりと漂う潮風が冬気分を思いっきり吹き飛ばしてくれます。 とりあえずさっくりと仮眠して, 朝から体験ダイビング〜♪ ダイビングは初めてだったのですが, もうなんというか水が綺麗で魚がいっぱいで, 想像以上に感動〜(>_<)なのでした! ちゃんとライセンス取ってまたダイビングやろう!と決意した今日この頃なのです。 ちなみに右の写真は朝,ホテルの部屋から撮った海の写真。

観光ドライブにて  当然ながら旅行なので,一通りの観光もしたりするわけです。 ジャングルの中の洞窟に入ってみたり, スーサイドクリフとかいう怖い名前の崖に行ってみたり, 最高標高のところから島全体を眺めまくってみたり, 定番コースを一回り〜♪ というわけで,エメラルドグリーンやターコイズブルーに輝く 海の写真を撮りまくりなのです。 右の写真はバードアイランドとか言うところ。 波がかなり高くて,こういうところでダイビングしたら即溺れそうです。

ファイヤーダンス!  んで疲れまくった昼が終わったら,夜はまったりとファイヤーダンスを眺めていたりするわけなのです。ステージの目の前の席でご飯食べてたわけですが, なんというか,真似できないほど激しい動きです。特に腰。 うぉすげぇ〜と思いながら観てて,途中ほら貝を吹かされたりとかもしながら(失敗…) 度肝抜かれっぱなしでした。やっぱすごいわ。 右の写真はそのファイヤーダンスのクライマックス。この後彼は水場までダッシュしてからアンコールに出てました。

帰る前に  その他にもカヤックとかシュノーケリングとかまったり海水浴したり, 当然のようにショッピングしたりして, ぐったり状態で帰国〜。 ひと言で言い表すなら,「大満足!」な週末でした。 やっぱり帰ってきたら寒い。 右の写真は帰る前の夕方にホテルの部屋から撮った写真です。




以前のコラム

以前書かれたその他のコラムは過去ログのページへ