Logo : Atelier Tagu -a salon in Osaka Japan-

Site Map

You are in > Logs

Last Update :Feb 11 2005 JST
特に関係のない画像
Photo : A Man Thinking Over.
以前に書いた,そこらへんのトピックです。まぁ,日記代わりみたいなものかも。


Feb 11 2005 [ 窓立て始めました。 ]

Link to : 窓立て&C++のページ

良い感じにカッコいい!  普段PCを使っていて,画面いっぱいのアプリケーションが複数起動している状態が 非常に見づらくなっていたので, 「仮想デスクトップ」系のソフトを探していたのですが, そのときに,たまたま「窓立て2」というソフトを使ってみたら これがヒットでした(^_^;。 とりあえず使わないウィンドウは傾けて横に積んでおくというもので, 見た目が綺麗なだけじゃなくて,直感で分かりやすい画面なので意外と実用的です。

ボタンがちょっと…。  ただ,難点を挙げるなら,「ウィンドウを傾けるボタン」がWindowXPのスタイルでは 余りにも不一致というかかっこ悪く(→右図),見た目重視のソフトとしてはかなり致命的なのです。 で,この欠点はこれだけの理由で使うの止めようかと思うくらいのマイナスなのですが,何と素晴らしいことにこのソフトはオープンソースで, ソースコードが公開されているために勝手に改造が可能なのでした。 プログラミングは得意ではないのですが(^_^;, ボタンを消すくらいは簡単なので早速改造〜♪

ボタンを消しました。  で,ボタンを消してみたのが右図。操作はキーボードショートカットで行うので ボタンがなくても全然問題ありません(^_^;。 これでWindowsXPのスタイルでも違和感なく使えます♪ まぁ他にもいろいろ細かい課題はあるので,まだ常駐ソフトにはならないでしょうけど。この辺は本家のバージョンアップ待ちですかね。

<< 設定方法 >>
1)窓立て2のページからソフトをダウンロードして解凍。
2)下記ファイル(mtate_nobutton.lzh)をダウンロードして解凍,Madotate.exeを本体と入れ替え。
3)窓立て2を起動して「窓立ての設定」画面をひらく。
4)「表示」タブで「ボタンの形状」を横長にする。
5)タイトルバーの立体化ボタンが消えてる。

 バイナリファイル mtate20202_nobutton.lzh (104KB)
 ソースコード mtate20202_nobutton_src.lzh (214KB)

以前のコラム

以前書かれたその他のコラムは過去ログのページへ