Logo : Atelier Tagu -a salon in Osaka Japan-

Site Map

You are in > Logs

Last Update :Mar 20 2005 JST
特に関係のない画像
Photo : A Man Thinking Over.
以前に書いた,そこらへんのトピックです。まぁ,日記代わりみたいなものかも。


May 27 2005 [ お茶とマンガとジムと。]

Link to :

マンガ。  本屋でマンガを適当に見繕って買って,いつもの喫茶店でまったりお茶を飲みながら読んで, あとはジムで適当に走って一日終了。 買ったマンガは,冬目景「ハツカネズミの時間」とCLAMP「xxxHOLIC」です。 「ハツカネズミ〜」は,製薬会社に監禁された主人公たちが脱走を試みるという話で, 「xxxHOLIC」はオカルトな物が視える主人公がオカルトな店でバイトするという話でした。 どっちもまぁ面白い。ケド…,暗い!


May 22 2005 [ 月の裏側 ]

Link to :

結構怖いよ。  一日,部屋でのんびりと本を読んでいました。 読んだのは少々古い本ですが,恩田陸の「月の裏側」という本で, ストーリーは, 主人公が九州の片田舎で謎の失踪事件に巻き込まれるというもので, しかも失踪した人はそのうちに帰ってくるのですが以前と若干違っているという, 「寄生獣」や「スナッチャー」のような静かにかなり怖かったです。 部屋に一人でいるときに一気に読む本じゃないなぁ…。

それにしても,恩田陸のホラーはスティーブン・キング並みだと思う今日この頃。


May 18 2005 [ これが逆境だ! ]

Link to : None.

それはそれ!これはこれ!  アツい(というか暑苦しい)マンガが好きな人以外にはどうでもいい話ですが, 絶版になっていた島本和彦の名作「逆境ナイン」の復刻版が出ていたりします。 とりあえず,本屋で見かけたのでつい衝動買いしてしまいました。 これが映画化されるというのは今もって信じられない気分ですが, いいものはやっぱりいい!

 ひとつ!男はイザという時にはやらなければならない!
 ふたつ!今が!イザという時である!
 みっつ!俺は…俺たちは…男なんだッ!!


May 17 2005 [ シータ ]

Link to : None.

真賀田博士の名前も登場。  森博嗣「Θは遊んでくれたね」を読みました。 「全てがFになる」のS&Mシリーズ,「赤緑黒白」のVシリーズに引き続いての シリーズものということで,結構期待して読んだのですが,期待を裏切らない出来でした(^o^。
 基本的にはS&Mシリーズの登場人物たちが(コナンのように頻繁に)殺人事件に出くわして,その場に居合わせる形で本シリーズ主人公の海月(くらげ)が犯人を当てるというもので, つまりは過去のシリーズを読んでないと微妙な面白さが分からなかったりしますが, それはそれで,いい感じのファンサービスでしょう。
 タイトルにギリシャ文字が入っているのがこのシリーズの特徴のようなので, 「封印再度 Who Inside?」や「夢出会い魔性 You May Die in My Show」のような 芸術的にトリッキーなタイトルは出てこないのかなぁとちょっと残念。


May 14 2005 [ 俗物根性。 ]

Link to : None.

アルカイダも出てます。  今日読んだ本は東野圭吾「黒笑小説」。短編集ですが結構笑えました。 “巨乳妄想症候群”とか色々と面白いのですが,イチオシは“シンデレラ白夜行”。 小さい頃から謎だった「なぜシンデレラはガラスの靴を履いていたのか」の疑問が きれいに解けました(12時になっても消えてないということはガラスの靴は元々シンデレラの持ち物だったことになるので)。
 あとギャラリーフェイク。最終巻がいつの間にやら出ていたので買って読みました。 やっぱり最後はモナリザですか。


May 9 2005 [ 被害者の気分 ]

Link to : None,

仕返しのループ  かなり古い本ですが,宮部みゆき「スナーク狩り」を読みました。未成年が犯人の殺人事件の遺族が,法律で裁かれない被告を狙うというもので,かなり面白かった〜(^_^;。 登場人物の個性がかなり際立ってます。特に釣りショップ店員である主人公(?)が, 心理戦を被告と繰り広げるラストシーンはまるでジョジョ。 ちなみに東野圭吾「さまよう刃」も似たような話で,読み比べてみるのも面白いかも。 まぁ,個人的には宮部みゆきの勝ち。


May 6 2005 [ D-LIVE Returns! ]

Link to : None.

長い回廊  九州・佐賀まで帰省していました。で,まったりと散策などしてきました(^-^。 田舎なのは相変わらずですが,帰ってみると結構住んでいた頃とは変わっていて, 昔通った小学校がなんかの記念館みたいな公園になっていたのはショックでした。 まぁどーでもいい話ですが。 あとはひたすらごろごろと読書〜。姉の家にあったバキの新刊を読んだりしてました。


May 1 2005 [ ひぐらしのなく頃に ]

Link to : 07th-expansion 「ひぐらしのなく頃に

マジで怖かった…?  ジムに行って軽く運動して,そのあとインターネットからダウンロードしてた「ひぐらしのなく頃に」というサウンドノベルのゲームをちょっと遊んでました。 片田舎に引っ越してきた主人公が女の子に囲まれて学園生活を送る〜という出だしのストーリーで, 登場人物のグラフィックも目のデカい好き嫌いの分かれそうな絵だったので,微妙かもなーと思いつつだらだら読んでたのですが, 序盤のユルめの展開が終わって,殺人事件が起きるあたりから急展開。

 …マジで怖かったです…(T_T。ファミコンの名作ゲーム「弟切草」なみの恐怖感を煽られました。途中で休憩を入れつつも,続きが気になって,結局一気に読みきりました。 で,ダウンロードしたのは“体験版”で,全然事件を解決せずに終わっていて, もの凄く寝覚めが悪いところで切れているので,多分このノベルを買う羽目になりそうです…。

 そういえば,この手のゲームの金字塔ともいえる「かまいたちの夜」はやったことがなかったりするので,ちょっと中古ゲーム屋を探してみようかと考えてる今日この頃だったりします。


以前のコラム

以前書かれたその他のコラムは過去ログのページへ