Logo : Atelier Tagu -a salon in Osaka Japan-

Site Map

You are in > Logs

Last Update :Mar 20 2005 JST
特に関係のない画像
Photo : A Man Thinking Over.
以前に書いた,そこらへんのトピックです。まぁ,日記代わりみたいなものかも。



Oct 29 2006 [ 野口 ]

Link to : YouTube「ターバン野口の折りかた」

 YouTubeで「ターバン野口の折りかた」という動画があって, 1000円札を折って,ターバン姿の野口にするという,そのまんまな動画なのですが, …これはスゲェ!ちょっと試してみたくなりました(^-^


Oct 24 2006 [ 変わった子はじめました ]

Link to : Amazon.co.jp 森博嗣「少し変わった子あります」

なんともいえない後味。  森博嗣「少し変わった子あります」を読みました。この話は,知り合いに聞いた“おすすめの小料理屋”に行ってみると,とても奇妙なオプションのメニューがあった…という,ちょっと変わったプロットの短編集です。
 で,そのメニューというのが,“女性が一緒にご飯を食べる”というもので, ただし名前を聞いたりするのはNG,ただ一緒にご飯を食べるだけ,なのです。 それでちゃんと物語が成立しているのも凄いのですが,最後まで読み終わったときに, なんとなくダークな後味が残るのが絶妙です。
 うん,面白い。


Oct 22 2006 [ のだめ! ]

Link to : Amazon.co.jp 二ノ宮知子「のだめカンタービレ」

面白っ!(^-^  つい衝動的に,「のだめカンタービレ」のマンガを3冊ほど買ってしまいました(^_^;。ドラマを見逃していて,“面白い”という話を聞いていたのでちょっと気になっていたのですが,読んでみるとコレがホントに面白い!(^o^
 ストーリー自体は今更ここに書いてもしょうがないですが,漂っているまったりテイストが最高です(^-^。集めてみようと思ったけど,古本屋にもないし,どうしようかなぁ…。買っちゃおうかなぁ…。


Oct 11 2006 [ デフォルト買い ]

Link to : 日本ファルコム「イース・オリジン」

 日本ファルコムの定番RPG新作「イース・オリジン」の“お披露目ムービー”が 公開されていました(⇒リンク)。ゲーム画面を見る限りでは,前作に近い操作かなぁと思うのですが,それよりもシリーズ初めて“主人公がアドルじゃない”というのも気になります。定番シリーズにしてはバクチだなぁという気もしますが。
 ともあれ,即予約。年末発売です(^-^。


Oct 8 2006 [ DIVE!! ]

Link to : None.

強風でした。  ダイビングに行ってきました。風が強かったので出来るかどうかも微妙なところでしたが,海岸付近でのビーチダイビングは特に問題なく出来ました。
 ただ,水は台風の影響でかなり濁っていて視界が1〜2mくらいしかなく, 一緒に潜っている人の姿が見えないくらいでした。まぁ,魚もそこそこ居て, 浅い海でぼーっと波に揺られて水中を漂っているのも,それはそれでいい感じだったので良し。
 あと,着替えるときはさすがに寒かった…(-_-;。


Oct 3 2006 [ 震えるぜハート!燃え尽きるほどヒート! ]

Link to : None.

 3日に文化庁の「日本のメディア芸術100選」が発表されています。公募ということで最近の作品ばかりが選出されている傾向があって,いろいろと批判的な意見が多いようですが,私としてはマンガ部門(⇒リンク)のベスト3にはむしろ激しく同意だったりします(^-^。
ちなみにそのベスト3は,
 1位「スラムダンク」
 2位「ジョジョの奇妙な冒険」
 3位「ドラゴンボール」
です。…私がイチオシなのはもちろん2位ですが(^_^;。


Oct 1 2006 [ 京極堂 ]

Link to : Amazon.co.jp 京極夏彦「邪魅の雫」

分厚すぎ。  京極夏彦「邪魅の雫」を読みました。このシリーズ,というかこの作家の本はとても分厚いのが特徴ですが,この本も2段組817ページとかなり殺人的な量です。
 ストーリーは,シリーズ主要人物の一人である探偵“榎木津”の縁談の相手をこっそりと調査する榎木津の部下が,連続殺人事件の渦中に巻き込まれるというものです。 色々な人がめちゃくちゃに物語をかき乱すので,読んでいてかなり混乱します。 で,混乱しまくったときに主人公“京極堂”が出てきてなんだか良く分からないうちに事件が終わってしまうというのはシリーズの定番通り。最後は哀しい恋愛譚でした。
 シリーズを重ねるうちに登場人物が増えてくるのは仕方ないのですが(主要人物と思わせて死ぬ人も多いのですが,回想とかで出てくるので結局登場します), 本が分厚いので読み直して確かめる気も起こりません…(^_^;。


以前のコラム

以前書かれたその他のコラムは過去ログのページへ