Logo : Atelier Tagu -a salon in Osaka Japan-

Site Map

You are in > Logs

Last Update :Mar 20 2005 JST
特に関係のない画像
Photo : A Man Thinking Over.
以前に書いた,そこらへんのトピックです。まぁ,日記代わりみたいなものかも。


 帰省してきます〜。

 

Dec 22 2007 [ 馬場俊英 in Live ]

Link to : None.

ライブで無料配布の缶コーヒー。  大阪・フェスティバルホールで2DAYやっていた,馬場俊英のライブに行ってきました。
 紅白出場とか,今年かなりブレイクした馬場さんでしたが,私も1,2年前にコブクロの「ボーイズ・オン・ザ・ラン」から知った口で,どちらかと言うとにわかファンの部類かなぁという気もするので,にわかファンなりに盛り上がってきました(^o^)。
 割と最近の曲中心だったので,にわかファンにも優しい選曲で,歌はもちろん最高で,あっという間に時間が過ぎたのですが,トークも天然テイスト全開でかなり爆笑でした。いやー関西やなぁ(^-^。
 帰りにCMオンエア中のダイドーコーヒーを無料で配っていたので,なんか得した気分で貰って帰宅。いやー大満足ですわー。
 紅白も楽しみにしてようっと。


Dec 17 2007 [ セガラリー ]

Link to : Sega Rally 公式サイト

 今年もいろいろとゲームを買って遊び倒しましたが,その中でも個人的に今年最高のゲームは,「SEGA RALLY Revo」でしょう。
 このゲーム,その名の通りのレースゲームで,PS3やXBOX360版が来年1月末,PC版が2月に発売なのですが,公式サイトや,【4gamer.net】でスクリーンショットやムービーを見て,めちゃ感動だったので,どうしても日本語版の発売が待てず英語版を買ってしまいました(^_^;。まぁ,レースゲームに日本語は必要ないですし,英語版の方が安かったりしますので,英語版で全然おっけーなのです。
 で,早速インストールしてやってみたのですが,今持っているPCでは能力的に遅過ぎるということが判明して,グラフィックボードを新しいものに変えてやってみました。
 結論としては,いや,もう,最高ですよ!もう!(^o^ 1レースは4分程度なのですが,画面は美しいし,レースは白熱するし,気がついたら数時間たっています。ホント文句なしに最高です(^o^。さらに雪道や砂地では,前の車が通ったあとが凸凹になって,うしろを走っているとタイヤを取られて吹っ飛んだりとか,慣れたコースでも油断できないなど,飽きさせない仕掛けが満載です。

 レースゲーム好きは予約必須です。GT5プロローグでがっかりしている場合じゃありません。


Dec 10 2007 [ NO MORE HEROES ]

Link to : None.

バカだ…。  Wiiのゲーム,「NO MORE HEROES」を買いました。
 このゲーム,一般的には完全にノーマークだと思うのですが,Wiiユーザにも少なからずいると思われる,コアなゲーマーのハートをがっちり掴む出来映えです(^o^。
 ゲーム自体は刀を振り回して敵を切り倒すタイプのアクションRPGなのですが,ストーリー,キャラクターや演出が常軌を逸したキレっぷりです。
 舞台はアメリカの架空の街,サンタ・デストロイ。ネットオークションでビーム・カタナを落札した,プロレスとアニメが趣味のオタク主人公が,なぜか“殺し屋ランキング”にランクインして,殺し屋同士で戦ったり,裏家業の依頼を受けたり,普通にバイトしたりする,というストーリーです。
 敵を倒すときには,普通にカタナを振り回すというよりも,むしろブレーンバスターとかパイルドライバーとか,プロレス技で敵を倒してからカタナでトドメを刺したり,カタナでボールを打ち返してピッチャー強襲で敵を倒したり,“カタナの使い方をちょっと間違えた感じのハリウッドB級アクションを日本人が作ってみました”的なアホさが満載です。
 Wiiを持っているなら,チェックしてみる価値は絶対あり,です(^o^。


Dec 2 2007 [ The Book ]

Link to : None.

完結。  乙一「The Book」を買いました。
 このタイトルだけを見ると,何が何だか分からない感じですが,サブタイトルの「ジョジョの奇妙な冒険4th アナザー・デイ」で,大体のストーリーが分かる人が多いのではと思います。その通りです。
 ストーリーはオリジナルで,ジョジョの登場人物,岸辺露伴と康一が謎の変死体を発見する―という出だしで始まり,序盤・中盤とミステリー仕立ての展開が続くのですが,ラストは敵と仗助・億泰がマンガばりに壮絶な先読み心理戦バトルを繰り広げるあたり,ファンにもまぁ納得の出来です。
 ちょっと値段高い気もしますけどね。


以前のコラム

以前書かれたその他のコラムは過去ログのページへ