CANADA

カナディアンロッキーのジャスパーにある
ビジターインフォメーションセンター。
ここでいろいろな情報を仕入れる。
ロープウェイでウィスラー山(2470m)に登り、ジャスパー
近郊の山々を望む。
標高が高い為、少し歩くだけで息が切れるが眺めは最高。
山頂から景色を望む。
山頂付近。
結構、空気が薄い。
展望台が落ちないか不安でたまらない。
届いた自転車は無残な姿だった。
自転車を直すフミヤ。
ジャスパーを出ていきなり強烈な上り坂に捕まる。
漕ぐのを諦め自転車を押して歩く。
この先、大丈夫か?
さらに私達をパンクが襲う。
パンクをする度に荷物を全部外して修理をする。
道は舗装されているが、ところどころ荒れている。
キャンプ場にて夕飯の準備。
野生のマウンテンゴート(やぎ)が横切る。
ひたすら上る道。
疲れたので休憩&記念撮影。
こんな景色がずっと続いている。
サンワプタ峠の途中。
道のすぐ横をビッグホーンシープが通る。
この他にもカナディアンロッキーでは多くの野生動物に
遭遇した。
氷河に近づき寒くなってきた。
コロンビア大氷原にて。
氷河の水は心地よかった。

コロンビア大氷原にて。
コロンビア大氷原付近にて。
黄色の男はコージー(日本人)。
コロンビア大氷原を望めるキャンプ場にて。
この旅で一番標高の高かったキャンプ場
(標高2000m以上)。
夜はかなり寒かった。
いつもこんな感じ。
カナディアンロッキーはとにかくアップダウンがきつい。
下に見えるのは道。
出発の準備をする。
毎朝のことだが、これは結構大変な作業。
坂道の途中、山を眺めながら休憩。
ボウ峠の頂上付近。
2100mくらい。
ミルキーブルーの水を湛えるペイト湖。
作り物のような美しさ。
ボウ湖。
ここもとても美しい。
湖畔で休憩中。
ルイーズ湖。
ここも美しいが観光客が多すぎて少し残念。
針葉樹の森とロッキー山脈と川。
キャッスルマウンテンをバックに休憩中。
スニッカーズでエネルギー補給。
バンフにある温泉。
この旅で初めて水着姿になる。
あまりにもくっきりとした半袖、短パン焼けの跡を
周りの人たちに笑われる。
バンクーバーを出発。
この後、フミヤの身に事件が起こる。
バンクーバーの隣町、リッチモンド。
バンクーバー出発直後、転倒し左手を負傷した為、
ここで1週間療養することとなる。
しかし、この町にはモールが7つもある為、ナオミは
飽きることがなかった。
たまに自転車を押したりもする。
しかし、自転車と荷物でとても重いので、
乗っている方が楽。
夕飯の準備をしているところ。
食事は基本的に朝はパン、昼は外食(ファーストフードや
スーパーで購入)、夜は自炊。
私達のカナダのゴール、ビクトリアにて。
とてもきれいな町だった。
BACK NEXT TOP