TAHITI/MOOREA

旅を続けていると、ベンチで寝ることも
平気になってくる。(ナオミ)
タヒチ島からフェリーに乗り、紺碧の海と
ゴーギャンも魅せられたモーレア島へ向かう。
モーレア島のフェリー乗り場に到着。
ここからキャンプ場に向かう。
中央の花はタヒチティアレ(タヒチの国花)。
タヒチの空港に到着するともらえる。
とてもいい香り。
ハネムーナーが過ごすホテル(1泊5万円くらい)。
私達は無論、キャンプ場へ。
モーレア島には標高1000m越えの山もある。
荘厳な景観。
赤いハイビスカス。
島中、花だらけで華やか。
どこからともなく花の香りが漂う。
キャンプ場に張ったテントとラグーンを望む。
左は滞在したバンガロー。
1泊2000円くらい。
テントを張るのとあまり金額が変わらないので
バンガローに移動。
部屋にはヤモリや蟻などが度々訪れる。
ビーチへと続く道。
キャンプ場の目の前にあるラグーン。
シュノーケリングをしなくても色とりどりの魚が
見える。
キャンプ場にて。
上はTシャツ、下は水着で過ごすことが多かった。
タヒチで最も愛されているビール「ヒナノ」。
いたるところでこの看板を見かけた。
ラグーンは透きとおり、海面からでもすぐに魚が
見つかる。
青い点が魚。
キャンプ場のキッチンよりラグーンを望む。
モーレア島の巨大なモニュメント。
多くのタヒチアンは実際、このようにタトゥーを
いれている。
モーレア島の形をした標識。
1キロごとに島一周ある。
木陰で休憩中。
色とりどりのパレオが売っている。
シュノーケルでサメと泳げる。
更にシュノーケルでエイと遊べる。
相当ヌルヌルしている。
泳ぐエイ達。
椰子の実の皮を、木で剥くことに挑戦。
巨大魚バラクーダ。
これはサメより怖かった。
キャンプ場にいる犬。
勝手に「ススキ」と命名。
ジョージ、スー、リーとビーチで。
ヒッチハイクで乗せてくれた家族と。
モーレア島でヒッチハイクをすると
皆すぐに乗せてくれる。
ヒッチハイク中。
中央の山を目指して自転車で走る。
モーレア島の中央にある山の展望台にて。
合成写真のような景色だった。
ここに行くまでは、かなり急勾配の上りだった。
展望台に到着時、海外のツアー客に囲まれた。
ここに自転車(しかもタンデム)で来る人は
珍しいようだ。
ちなみにモーレア島にタンデム自転車が上陸
したのは初とのこと。
そりゃあここまで来ないよね。
道端にあるバナナの木。
その他にもマンゴー、パパイヤなど
いろいろな果物の木を島中で見かけた。
果物畑を散策中の一枚。
相当、暑かった。
フランスパンのサンドイッチ。
フランスパン以外は何もかもが高い。
タヒチの公務員の月給は40万円くらいとのこと。
暑さの為に爆発したタイヤ(上)とチューブ。
もの凄い音だったので、テロかと思った。
タヒチの花、ティアレで造られているジャム。
他にティアレアイスクリームがある。
これが絶品!!
(ちなみに写真の花はタヒチティアレではない)
爆発したタイヤを直すフミヤ。
フェリーでタヒチ島へ。
ここはタヒチ島の市場。
多くの店が出ていた。
モーレア島散策中の一枚。
道は舗装されていて走りやすかった。
モーレア島の教会。
タヒチアンダンスを習う子供達。
暑すぎるので、日陰でチェスをする。
右に見える茶色の物体は、手作りココナッツブラ。
椰子の実を拾ってきて土産に作った。
キャンプ場のメンバーと。
左は何とNYの弁護士、右はウェールズから
来ているペア。
BACK NEXT TOP