USA BACKPACK

荷物と自転車をロスのTさん宅で預かって
いただき、番外編バックパックの旅へ出発。
かの有名なルート66。
モニュメントバレーが近づいてきた。
キャンプ場に到着。
モニュメントバレーを見渡せる場所にテントを張った。
日本にはないスケールの大きさ。
絵葉書のよう。
朝日に照らされるテント。
中央の棒がフミヤ。
中央左の白い点がナオミ。
アンテロープキャニオン。
水に浸食されこのような形になった。
グランドキャニオンのイーストリム。
スケールが大き過ぎて写真に入りきらない。
バックパックは本当に重く、歩くのも一苦労。
自転車を漕ぐ方が楽。
グランドキャニオンのサウスリムで谷間を下る。
これは結構、怖い。
足を踏み外したら大変なことに。
年間数人は落ちるとのこと。
落ちたら、もちろん助からない。
グランドキャニオンのキャンプ場にて。
夜は星もキレイだった。
ここは夜は冬で、昼は夏のような気候だった。
朝日に照らされるグランドキャニオン。
世界一クレイジーな街、ラスベガスに到着。
フェアモントストリート。
カジノやお店が並んでいる。
夜は天井のイルミネーションと音楽を
楽しむことができる。
贅沢に見えるが、このプライムリブディナーが
$6.50。(でも少し贅沢。)
作りたてのドーナツを食べられるお店。
フワフワしていて、いくつでも食べられる。
ニューヨークニューヨーク。
ナオミはここのジェットコースターに1人で乗った。
パリス。
本物のエッフェル塔のよう。
ベラッジオ。
無料の噴水ショーを見る。
ラスベガスでは他にも無料で見ることができる
ショーがたくさんある。
街全体がテーマパークのよう。
ストラトスフィアの展望台より見たラスベガス。
ナオミはここ(高さ280m)にある絶叫マシン
3種類に1人で合計9回乗った。
BACK NEXT TOP