先日、ファイテンカラー講習に行ってきました。

そこに驚きの事実が隠されていたのです(別に隠しては無いか^^)




ファイテンカラー剤には、人体への有害物質である活性酸素

除去する働きがあるというのです。






血液分析のモデルを募集していたので、即行で申し込み

まず私がモデルになりました。






血液サラサラ度には15レベルあり











サラサラ      ← ← ←         → → →     ドロドロ
―――――――――――――――――――――――――15
と、ま〜こんな図です。












血液の採取方法は、ボールペンくらいの大きさの棒を中指にあて

ボタンを押すと針がでてくるという仕組みになっている物でした。




その折にカウンセラーがボタンを押してしまいますと、傷害罪

成るという事で、私自身がその発射装置を押さなくてはなりませんでした。






血液の採取も順調に行われ、その血液を特別の機械で見てみますと・・・

私はこの日の為に、ある仕込みをしていました・・・・・


































            (不摂生という・・・・・・・・爆)









そのかいもあり、血液サラサラドロドロ具合はMAXの15

という快挙を成し遂げたのです!




カウンセラーが申しますには、「いや〜実に、いやっまさしく、





この講習にうってつけの






ですd(^∇゚*)ネ〜」。    こんなこと言ってましたYO!(笑





そのままカラーリングに入ります。

色味は適当に選んでみました(Y/9 イエロー系です、ご参考までに)

全体の塗布が終わり、そのままタイム待ちです



(25〜30分 このときは30分くらいおいたでしょうか、その間に他の

モデルさんを、こんどはチタンテープで同じように行っていました)




さ〜いよいよ2回目の血液採取時間が迫ってきました!




血を採るときの痛さはゴムで「パチン」とされるくらいの痛みです。

血液の状態が、本当に変わっているのか半信半疑でその瞬間を

待っていました。





私の血液が、又特別の機械に乗せられます。



そしてモニターに赤血球が映し出されました!!!




愕き、驚き、愕き、驚きです。



会場内に「ぉぉおおお〜」というざわめき



が沸き立ちました。皆がその事実を垣間見たのです!


最初のレベルは15でした、もしくは15に限りなく近いものでした

その血液達が、カラー剤「TOP on DO」を頭に塗布した状態で、

血液を採取しますと、なんと7〜5レベルに成っていたのです!



これには本当に驚きました、というよりわが目を疑いすらしました。

心中で「ニャニャニャナ〜イ、ニャリニャナ〜イ、ありえな〜い」と連発です。




15レベルでは赤血球が芋虫状に重なり合い、芋虫が何匹もいるような

感じで、赤血球が今にも潰れそうなでした。




その赤血球たちが7〜5レベルでは重なりあうのは数個、後のもの達は


各々が独立し、

まん丸な赤血球がフワフワ・フワンフワン気持ち良さそうに



浮遊して
いました。(シャボン玉みたいでした (^o^)y-oo00OO○





なんでこのような事が起きるかといいますと、詳しくはかけませんが

ファイテン独自特許技術である、金の水溶化「ファイルド加工」により

金が人体にプラス作用しているのです。



































それでは その他のカラー剤? ではどうなのか???










次のモデルさんがこれまたうってつけの方でした。



(これは私自身がモデルではないので疑問・質問等には
お答えできない場合がございます。
ご理解、ご了承のほど宜しくお願い致しますm(._.)mペコリ)






そのモデルさん血液レベル最初の時点で1〜2レベルだったのです。





これはカウンセラーさん、「どうしようかと」いわんばかりでした。

するとその横にいた司会進行のファイテン社員の方が、





「血液が目茶目茶サラサラなので、 一般のヘアカラー剤 


を付けてその違いを見てみましょう」


と申し出ました。(゚-゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウンと皆さん頷いていました。



























        そうです!!!








そちらの実験も見ておかないと、どう違うのか

アヤフヤになりそうです。






塗布する所は、直接中指の先につけていました。

時間の関係上、今度は塗ってすぐに血液採取に入りました。





「えっ〜、もう取るの」と内心思いましたが・・・

そのまま見てみることにしました。




そして2度目の血液採取です。「変わってるのかな〜」等の




心配はよそに、8レベルくらいにまでドロドロ状に成っていました。




中には、赤血球の形がギザギザ状や、細長くなっている物

まであり、最初の状態と比べ形までもが変わっていました。





これはカラー剤に含まれている物質により、人体にストレスの負荷が

掛かり赤血球の形がかわったり、サラサラ具合に悪影響がでる

とのことです。





この会場では、一般ヘアカラー剤は1種類だけでしたが

ファイテンが他の商品も試してみた結果、血液の状態が良好に




成ったものは、「TOP on DO」を除いて1つもなかったそうです。





その後洗い流し、再度「TOP on DO」を同じ場所に塗布、そして

血液、マタマタ採取 (3回目です、貧血で倒れないか不安です・・・爆)

すると今度は、元の状態に戻っていました。





これにもビックリです。こんなにも違いがでるのかと

これは 「TOP on DO」に限ったことではないそうです。






ファイテンの製品(ファイルド加工されている)の物ですと

これに近い結果がでるということです。




アクアミルムという水は、飲むだけで言いそうです。便利です。欲しいです。

あくまで私自身の感想を書き留めたものであり、
ファイテン推奨しているものではありません

トップへ戻る

以上、率直な感想でした 。最後までお付き合い
頂きありがとうございました m(。_。))mペコペコ

カラー講習

ブログにて血液に関するレポUP