援交けしからんどうなっているんだ

           小学生 巨乳  ←入り口 クリック

小学生・中学生の裏DVD


憂うべき事態。

小学生や中学生の裏ビデオや裏DVDなどが販売されているという事実を知って愕然とした日々を送っている。それも、 無修正の映像を納めたものを公然と販売しているというから、正しく開いたくちが塞がらないといった状況だ。巷のうわさでそのような裏DVDが存在すると聞いたので、軽い気持ちで調べてみたら出てくるわ出てくるわもう憂うべき事態であります。我々は一刻も早く、このようなアダルト画像を平気で公開しているものを無くさなければなりません。
などと書いてみたが、どこまで真剣にこのような裏ビデオについて考えているか問われれば、そうだと自信を持って答えられるかどうかは自分自身もわからないかもしれない・・でも世間の常識というものが衰退してるように感じているのは私だけではないだろう。
以前からこういうものがあるのは知っていたのだけど、ただ、最近ちょっと暇ができるようになって、なにげなくねっとを開いて中学生の裏ビデオや小学生の裏DVDの宣伝をよく見かけるようになって、このことをどうにかしなければと考えずにはいられなくなったのです。
それにしても、こういう類のものについて語るのに、こんな決意みたいなことばをわざわざ書かなくてはいられない自分がかえって恥ずかしい。こんな前置きに長々と文を割いているのは、もしかすると自分のなかに援交について興味があると言ってるようで恥の上塗りしている自分がいるみたいでどうも、このことについての考えがくどいものになっている。
さて、ここで、もう少し考えをまとめてみようと思うが、なぜこのような気持ちになったかというとなんとも、はっきりとした言葉で、どう言い表していいかわからない。世のために!のような論調で無修正の動画は許さないと声高々に叫ぼうかそれは大変に素晴らしいことかもしれない。その主張は全く正しくそこに反対する余地は、あまりないけど、ちょっと単純すぎる気もしてきた。
ところがこういうものは、一応、自分から見ようと努力しているわけではないにも関わらず、ちょっと操作しただけで現れてしまうため、やはりそこは男であるため欲望を掻き立てられ見てしまうのである。もちろん、これは必ずしも、わざわざみたいという気持ちを意味しない。やはり、自分が意図したわけではないにも関わらず何かの拍子に見えてしまい、そこから目が釘づけになり結局のめり込んでしまう構図が考えられる。それに加えて、こんな裏ビデオが販売されているということを知ってしまい。思わずかってしまうことが絶対ないとは言えないのです。そういう点で考えてみても見る者に対してなんらかの方法によって禁止する必要があるかもしれない。でもこれまでに書いて来た考えが説得力が果たしてあるだろうかともう一方では心配してしまうのである。
このような意見にいったいなんの意味があるだろうかの問いに対して、このよにどんな悪い影響を与えているかをいくら説いても、このようなものの無料サンプルをみることがそれ自体なんの不利益になることが説明できなければいけないだろう。
明確な理由がなくても、または、わからないとしても裏DVDはやはり肯定できない。しかし本来は、それを否定するわけを説明できなくとも「悪いものはわるい」とはっきり言えるのが、正常なのではないだろうか、無修正の写真はどこまでいってもだめなのだ。
まず、よくかんがえてみて、これは、はやりなのだろうか?、では、そうだとして今まさにそれは、はやっていると仮定してみると、まさしく最近おかしくなっているという答えが導き出されるのです。それは裏を返せば良識があればそのようなものが存在するわけないのである。ないもしないうちに愚かしい思いに満たされていると言えるだろう。
たとえ小学生の裏ビデオをなくしてしまおうと言おうとも、一過性の行動になってしまうかもしれない。もちろん、そのような活動も確かに大切かもしれないけど、人の奥底にそれを完全に断ち切る気持ちを永続的に持っていけるか自信がないのが本当かもしれない・・


裏DVDにおける小学生と中学生の裏ビデオと援交!