警鐘、盗撮したパンツは見るな・・

            小学生エロ   ←入り口 クリック



JC中学生・JS小学生を盗撮はいかんぜよ


盗撮された中学生の水着の画像について、みなさんの意見がしりたい。

どうしてこんなに、小学生や中学生のパンチラを撮ったりJCの水着を盗撮したりして画像掲示板に投稿するやつが多いのだろうか?ほかのものとくらべても
不似合いなほど多いようなきがするよ、そこで自分なりにその理由について考えてみた。
私は盗撮について思うとき必ず気まずさを感じます。あまりにも盗撮が普通ではないからです。しかし、いつも目をそむけているわけにはいけない。
たとえ内心楽しみに見ていても、それを表情にも出さず。これまで多くの小学生の水着のかわいいい姿をみてきているのかもしれない、
それはやはり普通にかんがえてみればとても恥ずかしい行為なのではないかと思うのです。
一線を越えて中学生を盗撮してDVDに保存しているひとがどれだけ多いか計り知れないのである。重要なのはそれをどこまでの限度で止められるかなのです。
思うのだけなら特にないか悪いことではないのです、そう見て想像して興奮しているだけなら大したことではない。
盗撮とは違い、たまたまパンチラが見えてしまったときのことがあったとして、JSを決して見続けてはならない単なる偶然だと、かたずけてはならないのである、
そんなことはわかっているけど、果たしてそれを実行できるかは保障の限りではないのかもしれない。小学生と中学生のパンチラの盗撮がどれほど悪いことかは、
いまだに結論はでていないのである。 たとえば露天風呂での裸を盗撮した動画があったとしたら、それは間違いなく否定されねばならない。
私でも普通に歩いていてきれいなひとがいると思わず腿に視線がいってしまいます。盗撮とはまったく違う、それはある種の楽しみだということではないでしょうか、
もし許されるとしたらきっとそこまでなのだと思ういます。それを全くわれ関せずではいられないでしょう。
誰が言ったか今や盗撮が時代のながれなのだそうだ私の知り合いが強くそう言っていた。パンツは普通に考えればなんでもないものである、
うかうかしてはいられないのは、その中身に大変な興味があるのであり、
それそのものはそれほど意味のないものなのに振り回されているひとがいるのがおかしいのである。
決して新しいことをしているのではなく、早い段階でもう流行っていたといっても過言ではない。それが中学生の身体検査を盗撮し画像掲示板にのせるなんて、
過去に例がなかったわけではない。盗撮で小学生のパンチラを撮られて、それでその人が困ったことになったという実例をあまり聞いたことがない。
困ることがなければ、それはそれで正しいことだと言い切れるだろうか?だいたいJSを盗撮する行為そのものがおかしいんじゃないかと思う。
更に増殖するように、その行為を真似する人間が一本の木が成長し枝分かれしてゆくように増えるのではないかという危惧もあります。
思い返せば、必ず自分にとって、影響を与えた人間は、意識の中に強く残っているはずです。
こういうものは多少は暴走するものだ。本当によくないとき時だけ抑制する気持ちが持てればいいのである、それぐらいの余裕を持って欲しい。
それは女子トイレに本当に入ってしまうのはよくないが想像するくらいは許されるべきだ。
しかしそのような妄想にふけってるだけならいいが盗撮して画像掲示板にのせるやつもいるのが困るのである。
一つに自分の非を認める謙虚さが必要あること、自分を見つめ直し間違いを認める素直さがあること。つまり、自分を否定できる強さを備えること。
強さを持ち、ネットの世界を本当に「見る」ことができているか。それによって、この問題は解決できるのです。
それは、誰しもが自分に問う必要がある日常的な問題なのです。
しつこいようだけど、全てがよくないのではない少なくとも小学生は拙いのです、また着替の盗撮を見るのはどうだろうか、それは本人に気付かれなければ、
それはもう良いといえるか?結論からいえば絶対に許されることではないことは、ここで改めて述べる必要はないだろう。
意識したことはないんだけどやはり水着の小学生の動画みたいなものが結構気になってしまう自分が確かにここにいるとかんじてしまうのです。
それはとても危険なことかもしれない。これはやはり、自分がもう若くはないんだというあせり虚無感がこれに対しての憧れとなって現れてるのかもしれません。
これを読んでいる人がそれを感じている人も多いのではないかと思う。その行為が極めて執拗なもので、
まさしく時と場所を選ぶことなく、その行為を行いたくなってしまうのです。それは、女子トイレであったり身体検査の更衣室であったり、
満員電車であったり本屋などで立ち読みしている無防備な小学生や中学生がターゲットになったりするのです。
ミニスカートを着用している子はスカートの中のパンツの画像を自ら提供しているようなものです。
始末が悪いことに被害者がこれに気付いていない場合が多々あることです。
JCの下着だけでなくホットパンツの様な街中で隠すことなくファッションで着ているものでも本人に確認なく動画や画像に収めたら、
それは法的にどうかは微妙な線です。基本的に本人からの訴えが無ければ、また社会通念上洋服だけだった場合
、起訴まで持っていかれるか可能性は限りなく少なく、その場で注意または記録の削除で済んでしまうでしょう。
例え被写体がミニスカートから、あらわになった太ももであっても社会的道義観念に反する下品でみだらな動作であることは明らかで、

この被害にあったと本人が気付いた時に心に不安を与えるインパクト度が非常に高いということを加害者は自覚しなければ、ならない。
これの陰湿な部分は痴漢であれば、それを受けたほうは、すぐに認識できるが、隠し撮りは相手が気がつかない場合が多いのです。
それによって、表に現れる事件以上に水面下では、被害が発生しており、
それがなされている一次的被害と記録された動画や画像がインターネットを通じて画像掲示板などにアップされる2次的被害も生んでしまうのです。 
一度、それらがネット内に流出してしまうともう回収することは、ほぼ不可能でしょう。
これ程、罪深い犯罪でも、これを読まれている貴方方もやはり完全に盗撮を否定する自信はないでしょう?(正直に素直な気持ちで考えてみてください。)
それを一度してしまったら、あまりのスリルと達成感で理性が崩れていくような気がするのは気のせいではないですよ、JSパンチラはそれだけ魅力があるのです。
注意するのは最初からそのことばかりの考えに取り憑かれて実際に行動してしまっては決していけないのです。


JC中学生のパンチラやJS小学生のパンツのを盗撮した画像!