伏見人形
伏見人形の動物たち
2005.10.31開設
福良雀 明治後期〜大正 8.5cm×6.5cm
冬、ふくらませている雀を意匠化したもの。めでたいもの、福を呼ぶものとされ、家紋(脹ら雀と説明されている)や装飾品にも使われている。伏見人形は、雌雄1対で創られていて、これは少し小さく雌雀のようだ。
右下、現在・その下、明治初・中期と比較してみてください09.10.21追加
鯛車 明治時代 27cm/29cm
節句用の玩具として作られ、下部に車が付けられていた
村上敏明所蔵 09.10.18追加
福良雀 
江戸末期から明治初期の作品   05.11.21追加 宮城ひろ之氏所蔵
雌雄の福良雀 1970〜1980年代の先代丹嘉の作 (巾 雄7cm 雌6cm)
隣の画像と比較してみてください。100年近くの差、塗料、土の質,色彩感覚のなどの違いに歴史を感じます。
2007.3.9追加 村上敏明所蔵
御堂乗せ白象
御堂乗せ象  阿弥陀様か観音様の御堂の様な物をかついでいいる白象の小品 06.9.3郷土玩具文化研究会で北原直喜氏が参考資料の一つとして展示された北原直喜氏所蔵 06.10.25追加(画面をクリックすると少し大きくなります) 魚 江戸末期〜明治時代 (10.5cm) 
一部に青い塗料が残ってるので全体に絵付してあったものと思われます。

村上敏明所蔵 2006.2.6追加


画像をクリックするとやや大きくなります。
鶴と亀 村上敏明所蔵
昨年11月雪舟寺にお伺いしました。鶴と亀の人形も展示されてました。亀は盗難にあったり触られ塗料が一部剥離していました。 その授与品を完全な形で入手できましたのでご紹介します。箱は縦8.5cm横6.5cm 今は授与されていません。法要当時35年前ぐらいの丹嘉の作品    (2006.5.25追加)
  亀(香合) 横7.5cm 昭和44年(1969年)6月 丹嘉 大西重太郎作
一条関白恵観公の300年忌法要の記念として伏見街道沿いにある東山東福寺の塔頭、芬陀院(雪舟寺)で頒布された。 雪舟寺にある画聖雪舟作庭の「鶴亀の蓬莱庭」にちなんだ亀の香合である。一条関白恵観公は、日本三大茶席といわれる重要文化財恵観山荘を創建した。約2万点も製作された。お寺で共箱に雪舟寺などの焼印をおく作業が大変だったそうで、今はお寺には1点も残っていないとの事
村上敏明所蔵
 (1970年頃・丹嘉大西重太郎作)芬陀院授与品 横6.5cm 現在は展示のみ (雪舟寺所蔵) (05.11.13追加) わずか3点しか所蔵しておられないのに私にわざわざ貴重なこの鶴を贈って頂いた。感激!! 亀 横6.5cm (1970年頃・丹嘉大西重太郎作) 当時の芬陀院授与品(雪舟寺所蔵) (05.11.13追加) 「からすうり」とともに飾られたいた参観者が手でよく触れられるので塗膜が剥離しているとの事でした。
             鳩(昭和初期) 高さ9.5cm横12cm
鳩は八幡宮の使いとして、子どもの「ひきつけ」「かん虫」「のどつまり」などのまじないとされ伏見で作られ「男山八幡宮」や「三宅八幡宮」で祭礼などに授与された。これは「三宅八幡宮」の授与品  
村上敏明所蔵
        清水の鳩笛(大正・昭和初期) 横6.5cm
伏見人形の産地と清水は近い、伏見人形の小物を清水で作り、伏見人形として販売もされていた。この鳩笛は、吉田氏が入手されたときから、清水人形と書かれた紙が張ってあった。「伏見人形」のカテゴリーには入れないほうがいいのかもしれない。 
吉田義和氏から贈られ村上敏明所蔵 
        飾り馬(昭和初期) 高さ11.5cm横12cm 
馬は飾り馬、神馬そして鞍馬と3種造られている。 これは房が脚元まで垂れ下がっているが、ミニスカート風の人形もある。
 廣瀬洋子さんに贈られ村上敏明所蔵
飾り馬(昭和・1950〜90年頃)6代目丹嘉 
大西重太郎の作品 高さ14cm横14.5cm
吉田義和氏より贈られ村上敏明所蔵
      鼠 (明治末・大正)  横8.5cm 村上敏明所蔵
鼠を大黒様の使いとする信仰は古来全国的に行われていた。特に白鼠(シロネズミ)が大切にされた。子どもを多く生むことから福徳を招くものとされた。
耳掻き犬(狆) 昭和初期 高8.5cm 村上敏明所蔵
犬は古来子どもの鼻づまりや、安産のまじないにされている。
虎 昭和(1950〜80)  高さ12.5cm横15cm 丹嘉大西重太郎作 
吉田義和氏より贈られ村上敏明所蔵  百獣の王にふさわしい形相をしている。
(2004年菱屋の作品) 5cm 村上敏明所蔵
丹嘉に保存されている鶏の型は少ない。
猫 (1940〜50年代の丹嘉の作)高さ横各5.5cm (2005.11.7追加)
縁起のある招き猫の型は多種ですが、猫のみ型も少ない。
吉田義和氏より贈られ村上敏明所蔵
(1974年丹嘉の作品) 横7cm
兎の型も少ない村上敏明所蔵 (2005.11.2追加)
「猿」は別途にページを開設しています。 「干支」のページへ 「狐」のページへ 「牛」のページへ
このページのTOPへ