伏見人形
干支(えと)
過去の伝統を軽視してこれを安易に放棄する人たちは、いわば根無し草のようなもので、勢いよく葉を茂らせても、たちまち枯れて消え果てるのであろう。そのように憂うべき傾向の目立つこの頃であるが、正月が来ると、新年をことほぐ古い習慣が多少とも蘇る。年賀状を・・干支の動物で飾って・・交換するのはその一つである。・・・毎年交替して十二年で一巡りする動物たちの組み合わせは、遡れば二千年以上も過去に中国で考え付かれたものである。 柳宗玄著「十二支のかたち」1995年刊・岩波同時代ライブラリー214より(03.12.03追記)
子(ね)
(左)俵ねずみ (高さ9cm,横9cm)
菱平製 2003.3.9 稲荷高畠商店にて
右上)丹嘉のねずみ
店内展示(横9cm)
(右下)唐辛子とねずみ
唐辛子には種が多いということから、子宝を願った.また、東北地方では疫病,邪気をはらうことを願って天井に下げる風習があった。この人形をふんで旅に出ると疲れないといという迷信もあった。(日本のおもちゃ:鈴木常雄著:1992年:村田書店より)
丹嘉製(横8.5cm) 村上敏明所蔵
丑(うし)

撫牛(横36cm 高16cm) 
丹嘉製
 村上敏明所蔵
寅(とら)

虎と竹(高さ25cm)(左)
虎(香合) 丹嘉製(右)
卯(う):うさぎ
左:裃兎 (高さ7.5cm)
菱平製

右:割松屋製・刻印が裏面にある(高さ14.5cm)
明治末期〜昭和初期の作品
村上敏明所蔵
割松屋の最後の作者大石チクさんは昭和4年(1929年)死去、その後窯元としては、製作はされていないので、これは1929年以前の作品といえる。割松屋は稲荷の参道前、伏見街道の西側、玉屋の筋向いが窯元だった。 (07.2...6追加)
辰(たつ)
左 香合 (高さ9cm)
菱平製


右 丹嘉製 1960年頃の作品
高さ5cm横8cm
2006.5.10追加
巳 (へび) 巳(み):へび
2005年2月3日
丹嘉の展示コーナー所蔵品

高さ約12cm
大西重太郎作


2005.2.3追加
午(うま)

平成14年(2002年)正月・丹嘉の店頭に
飾られていた
飾り馬
(高さ40cm)
未(ひつじ)
平成15年(2003年)のための「裃未」丹嘉製(左)
同じく菱平製の「未」(右)

郷土玩具のなかで「十二支もの」は大きな分野を占めているが、この「未」は特に作品の種類が少ない。
(平田嘉一・ひつじのおもちゃ:おもちゃ通信No242より)
「菱平」について::
菱平上田昌子家は、伏見深草に住んでいたが、宇治五個荘に移った。ほとんど昌子さん一人で切りまわしている。先代安次郎と続き、四代目の父平次郎翁が昭和52年(1977年)他界。現在高齢の昌子さんが、昔からの手押しの型抜きの作業で続けている。(平田嘉一・ひつじのおもちゃ:おもちゃ通信No242より) 
申(さる)

伏見区両替町の旧家菱本家所蔵
(高さ34cm)
酉(とり)
左側 丹嘉製(左14.5cm 右17.0cm) 村上敏明所蔵 約50年前の作品
右側 菱平(菱屋)製2004年作 8cm 2005.1.30追加
鶏と人類とのつきあいは古い。埴輪が語るように、2千数百年ものつきあいである。 鶏は、卵を産む家畜として大切にされ、古くはその鳴き声で時刻を確かめたともいわれ、中国では、時を知る動物ともいわれている。 そうしたところから、鶏も含めて、鳥という動物は、闇を払って太陽を呼び出す力があるとされ、豊かな実りの象徴ともされ、幸運の兆しともされている。また、鶏は夜鳴きをしないことから、子どもの夜泣き封じや咳止めにも霊験があるといわれ、子孫繁栄、家内安全などの祈りも込められている。
(「京の宝づくし 縁起物 岩上力著 光村推古書院・刊」より 
戌(いぬ)

犬にのる童:丹嘉所蔵(右)
耳掻き犬 村上敏明所蔵(左)
鞠犬 (下右) 5.8cm 丹嘉二 20〜30年前の作品
村上敏明所蔵
06.1.1追加
虫封じ犬(下左)丹嘉新作 村上敏明所蔵06.1.1追加
1体の大きさ 4.0×7.5cm

干支の犬・私達の暮らしに最も縁のある動物です。しかも、多産ということもあり、安産・子宝そして健康という願いが込められたのでしょう。この狆(真向犬)を三匹重ねて、「虫封じ犬」といわれています。06年年賀状(郵政公社の近畿版)に描かれています。


    亥(い):いのしし
左 いのしし(香合) 六代目丹嘉作 村上敏明所蔵 03.12.03追加
右 仁田四郎と猪 06年丹嘉製 村上敏明所蔵 07.1.1追加
 仁田四郎が大猪に後ろ向きにまたがり、刀を振りかざした姿を表現しています。鎌倉時代(1190年)ごろ源頼朝が富士の裾野において大巻狩りを催した時、大猪が猛進してきました。仁田四郎、馬に乗って大猪に駈け寄り、後ろ向きに飛び移り、死物狂いに暴れるのを、頼朝の面前で刺し倒し、頼朝らは四郎の勇気を称えたという故事をテーマにした人形です。
ページのTOPに戻る  伏見人形のいろいろへ