伏見人形
古伏見
(鯉抱き童子・童子の三番叟・馬挽き三吉
・綿帽子をつけた娘・でんでん太鼓・太鼓を叩く童子)
童子の三番叟
抱き童子 明治時代 
2009.1.1追加
 村上敏明所蔵
三番叟(さんばそう)・古伏見 明治時代前半
高さ14.5cm 村上敏明所蔵
でんでん太鼓(大きさ20cm) 明治時代
村上敏明所蔵 (2001.12.15追加)
太鼓を叩く童子
明治時代 村上敏明所蔵 (2009.4.30追加)
綿帽子をつけた娘(大きさ12cm)
明治時代 村上敏明所蔵 (2001.12.02追加)
俵の上で三番叟(さんばそう)
 明治時代前半
 高さ16cm 村上敏明所蔵  2006.3.9追加鯉
馬挽き三吉 左上の綿帽子 について

真綿をひろげて造ったかぶりもの。もとは老女の防寒用。後には「ちりめん」などでつくり、婚礼に新婦の顔をおおうのにもちいた。(広辞苑) この人形は、山口県からふるさと伏見に帰ってきました。
馬挽き三吉 明治時代前半  
横14.5cm 村上敏明所蔵
  古い伏見人形の特徴

北原直喜氏はその著書「伏見人形」で古伏見は四元色として「丹」「緑青」黄土」「紫土」をもって彩色されていると記され、池田満助・章子氏は「日本の御人形」で初期の伏見人形の四原色として「赤」「緑」「黄」「黒」をあげています。古伏見の土質について北原直喜氏は同著で白黄色、赤褐色をあげ、白黄色の方が古いようだとも記しています。この二つの人形(三吉・三番叟)の土は白黄色です。(綿帽子のほうはやや赤褐色)古伏見の特徴を持っています。さらにいずれも人形を動かすと「からから」と可愛い音がします。 また、この人形には、耳の横に穴が開いていて、髪の毛を模した布などを差し入れて飾った跡があります。三吉には髪が片方は残っていました。
馬挽き三吉(歌舞伎人形)
原型は、奥村寛純著の「伏見人形の原型」に掲載されています。
 この人形は、「重の井の子別れ」を主題にしたものです。以下、歌舞伎の内容を簡単にご紹介します。

 「重の井子別れ」は「恋女房染分手綱(こいにょうぼうそめわけたずな)」十段目の「道中双六重の井子別れ」の通称です。この場面は、現在もよく上演されています。
「由留木(ゆるぎ)家の息女・調姫(しらべひめ)は入間(いるま)家へ養女に行くことになったが、幼い身で、見知らぬ東国へ下るのをいやがる。そこへ子供の馬子の自然生(じねんじょ)の三吉が来て、道中双六を見せたので、姫は旅立つ気になる。 姫の乳人(めのと)重の井は、三吉に褒美の菓子を持ってきて、自分の名を名乗ると、三吉は、それなら自分の母であるといって、証拠の守り袋を見せる。そして一緒に暮らしてくれとたのむが、重の井は涙ながらに、乳人という立場上、それができぬとさとす。おりから姫の出立が告げられる。姫の出立を祝って馬子唄をうたえといわれ、泣く泣く唄う三吉を見て、重の井はじっと辛さをこらえる。三吉をつとめる子役が中心で大役である。宝暦元年(1751年大阪竹本座初演)」
(実業之日本社の歌舞伎辞典を参照しました。)
 入手経過 京都東山の古美術店を歩き、 参考文献にあまり取り上げていないもの、来年の干支にちなんだ「馬」にかかわるもの、出来れば古い伏見人形を探しました。 ほとんどの店頭に出ていませんでしたが、やっとこの2点を入手することができました。
2001.9.18追加