郷土玩具文化研究会のご案内
········

2011.7.7
郷土玩具文化研究会のTOPページへ

6月の『おもちゃ入札頒布会20』 (郷玩文化205号・23.6.26掲載分)のご案内

 平成23年6月のおもちゃ入札頒布会をご案内します。画像だけではコンディションなど分からない点もあるかと思いますが、状態の悪いものは出来るだけ安価に設定していますのでご理解の上、ご応募下さい。頒布品については、複数の応募が有った場合は抽選となります。
手持ちで重複している物、古い会員の所で眠っている物など探し出してお世話します。ご遠慮なくご連絡下さい。
◇ご応募いただけるのは郷玩文化研究会会員のみです。◇
更に詳しい画像を御要望の方は北原のメールアドレス(manmaya@oideyasu.cc)に御連絡頂ければ更に詳しい画像をお送り致します。では頒布会をお楽しみ下さい。

入札品
 名古屋土人形の牛若丸・・・落札最低価格8000円
昭和40年代の名古屋土人形の牛若丸、野田末吉さんの作品です。全面ニス塗りで背面には「名古屋土人形」「基水 野田末吉」の朱印と基水の陰刻があります。28×16センチ、綺麗に保存されています。 

入札品
  戦前の大阪張子、相撲取り組み・・・落札最低価格10000円
戦前の大阪張子、中村金時堂の作品です。四股名は双葉山と綾昇です。古いものとしては綺麗に保存されています。10×8センチ
頒布品
名古屋のからくり、牛若弁慶・・・頒布価格3000円
昭和40年代の名古屋の伊藤ハルさんの牛若弁慶です。古い物なので時代の汚れなどありますが、一番の問題は牛若のピアノ線が心棒と外れていて回転しません。外れているだけなので直し方があるのだと思いますが、分かりませんのでそのまま出品します。弁慶で29×21センチ、画像でご確認の上、応札下さい。
頒布品
中野土人形の飾り馬・・・頒布価格5000円
平成元年の奈良久雄さんの作品です。14×17センチ、綺麗に保存されています。
     
  頒布品
常石張子の石橋、獅子被り娘・・・頒布価格4000円
昭和40年代の常石張子の石橋です。宮本峯一の作品、舞踊の石橋を表したもので、山陽筋には同種の土人形が作られています。
30×15センチ、綺麗に保存されています。
     
頒布品 
 ⑥伏見人形の道成寺、清姫・・・頒布価格5000円
平成元年の伏見丹嘉製の道成寺、鐘抱き清姫です。先代の重太郎の作品です。18×19センチ、綺麗に保存されています。
     
頒布品 
 ⑦高松張子の三番嫂・・・頒布価格4000円
高松張子、宮内系の張子の大きな三番嫂です。当代のみき子さんの作品です。底にサインがあります。比較的近作で完品です。
     
頒布品
  ⑧浜松張子のころがし物3種・・・頒布価格4000円
浜松張子の干支のころがし物、酉、申、羊の3種です。当代の二橋加代子さんの作品です。10×8センチ、綺麗に保存されています。
   
頒布品 
 ⑨伏見人形のちょろ2種・・・頒布価格2500円
伏見人形のお福ちょろと猿ちょろの2種、昭和40年代の丹嘉の作品です。お福ちょろで14×11センチ、保存は概ね良好ですが中古ですので多少の薄汚れあります。
     
頒布品
  ⑩山形こけし、小林清次郎七本・・・頒布価格4000円
小林清次郎のこけし、大は40センチから小の18センチまで各種の小林清次郎の作品です。保存は概ね良好です。かなりお買い得だと思います。

応募方法
 官製葉書に住所、氏名、電話番号を明記して頂き、入札品には品名と応札価格、頒布品には番号と品名のみご記入下さい。1枚の葉書に複数お書き頂いても結構です。 申し込み締め切りは平成23年7月23日(土曜日)必着で事務局北原までお願いします。
事務局 〒565-0873 吹田市藤白台4-30-12 北原直喜方
電 話 06(6835)6888
※事前にメールを頂いておりましたら抽選後直ぐに結果報告いたします。
◇郷土玩具文化研究会HPアドレス  http://www.h2.dion.ne.jp/~hushimi/kyougan/hanpu.htm
郷土玩具文化研究会のホームページでカラー、細部をご確認下さい。更に詳しい画像を御要望の方は、北原のメールアドレス
manmaya@oideyasu.cc)に御連絡頂ければ更に詳しい画像をお送り致します。
ヤフー、グーグルから
「郷土玩具文化研究会」と入力いただいても結構です
発送方法
 御買上頂きました玩具は佐川急便でお送りします。送料は北海道800円、本州、四国、九州は600円です。離島、沖縄は別途料金です。落札価格と合わせてお振込み下さい。
振込み方法
 玩具と同送されている振込用紙で郵便局からお振込みください。
◎お願い
 応募は官製はがきでお願いします。和紙などの厚い葉書は厳正な抽選をする時に支障をきたしますのでご注意下さい。
◎ご希望の玩具やご意見がありましたら事務局までご連絡下さい。
メールアドレスは manmaya@oideyasu.cc迄お願いいたします。会員相互のサロンとしてこのコーナーをご活用下さい。皆様からのご意見をお待ちしております。

郷土玩具文化研究会について
事務局 〒565-0873 大阪府吹田市藤白台4-30-12   北原 直喜方  電話 06-6835-6888
会の沿革 昭和41年、「郷玩サロン」として発足。
昭和53年、名称を「郷土玩具文化研究会」と改称。
会の目的 ●民俗文化財の一つとして郷土玩具を位置づけ、庶民文化との関わり合いの追求などをテーマとする調査研究。
●会員相互が所蔵玩具の交換会、見学・収集旅行等を通じて交流をはかる。
例会 ●原則として偶数月に1回(年6回)開催。
  内容は研究発表、人形玩具関連展覧会の見学、郷土玩具作者の工房見学、会員所蔵玩具の交換会など。
●年1回、例会のひとつとして1泊2日の見学旅行をおこなっている。
会誌 「郷玩文化」 年6回発行
会費 年4,000円
このページのTOPへ戻る