郷土玩具文化研究会のご案内

··········
更新 23・11・25
郷土玩具文化研究会・郷土玩具についての掲示板

例会記録 平成23年例会 平成22年例会 平成21年例会 平成20年例会 平成19年例会 平成18年例会 平成14年から17年例会
会員の出版物のご案内   
雑誌「郷玩文化」のご案内(各巻の目次) バックナンバーNO150からNO1の目次へ

会報「郷玩文化」バックナンバーを販売しています

 当会では、バックナンバーのうち残部のある号について1冊500円(送料込)で販売しています。また一定期間をまとめて購入希望される方は、巻ごとの購入をお勧めします。(売り切れた巻もありますので、事務局にご確認ください)
第1巻(1号~25号)、第2巻(26号~46号)、第3巻(47号~71号)、第4巻(72号~101号)、第5巻(102号~126号)、第6巻(127号~151号)、第7巻(152号~173号)です。定価は各巻5000円。送料は当会が負担します。購入ご希望の方は、事務局までお申し込みください。
〒565-0873 吹田市藤白台4-30-12 北原直喜宛  ☎06(6835)6888
会員のホームページご案内(リンク集)

◇第273回例会案内 12月

日 時: 平成23年12月18日(日)午後2
  場: 北原株式会社7Fホール 06(6241)8916
     北原氏携帯 090(2358)7784
     大阪市中央区博労町2-6-14(博労町通り中筋南)
     地下鉄堺筋線「堺筋本町駅」「長堀駅」下車、徒歩10分
     地下鉄御堂筋線「本町駅」「心斎橋駅」下車、徒歩10分
お 話:   北原 直喜氏
テーマ: 「和歌山の郷土玩具」
 御坊練り物を中心として余り紹介される事のない和歌山県の郷土玩具をご紹介いたします。和歌山の玩具はその殆どが廃絶をしてしまいましが、地元の趣味家によって復元もされました。意外と知られていない和歌山の郷土玩具について北原直喜氏に講師をお願いしています。是非、ご期待下さい。

第219回(02.12) 日本玩具博物館(例会風景など)   第220回(03.2月) 鹿児島の土人形第221回(03.4月) 龍野市の歴史文化資料館の特別展 第222回(03.6.22日) 七夕行事と紙衣・人形 第223回(9月7日) まぼろしの備中の上下土人形 第224回例会(10月26日) 稲畑人形の謎を解く第225回(12月14日) 京人形の系譜 --第226回 2月28(土)29日(日) 「早春の瀬戸内に雛祭りと郷土玩具を訪ねる旅」--第227回平成16年4月3日(土)「春の京都に人形ゆかりの寺とお店を訪ねる」  第228回 平成16年6月27日(日)座談会「伏見人形の系譜」 第229回例会 平成16年9月5日(日) 山陰・山陽の古人形 第230回例会 平成16年10月31日(日) 国立民族学博物館の郷土玩具資料と特別展見学 第231回 平成16年12月19日(日) 大阪張子再見 ―新資料に基く明治の張子屋たちー 第232回  平成17年3月4日(金)夕~6日(日)早春の北九州に雛祭りを訪ねる旅・・・ 第233回 平成17年4月24日(日)流し雛は雛人形の源流か? ~淡島信仰と流し雛~ 第234回 平成17年6月26日(日) 日本玩具博物館(兵庫県香寺町)の見学と講演  ◎ 平成17年9月4日(日) 伏見人形窯元を訪ね7代目大西時夫氏の話を聞く ◎ 平成17年10月23日(日) 「明治の軍人もの人形」  ◎ 平成17年12月18日(日) 「凧の古い写真と絵葉書について」   ◎ 第238回  平成18年3月11日(土)12日(日) 早春の北信濃に雛祭りを訪ねる旅  ◎第239回  「三河土人形と古谷哲之輔氏」 平成18年4月23日(日)  ◎ 第240回 「山梨県の七夕人形 オルスイさん 」 講師石沢 誠司氏 平成18年6月25日(日)  ◎第241回例会「郷土人形になった象」 平成18年9月3日(日) 講師 北原直喜氏 ◎第242回例会 見学「これがおもちゃ絵だー巨泉玩具帖に見る大正・昭和前期の郷土玩具ー」平成18年10月21日(土)大阪府立中之島図書館  ◎第243回例会 奈良郷土玩具随想(平成18年12月17日・日) 講師 北村英三氏 第244回例会・郷玩旅行会 早春の出雲街道沿いの城下町の雛祭と日本玩具博物館の特別展を訪ねる旅 (平成 19年3月3日・4日) ◎平成19年3月臨時例会 特別展「伏見人形とその系譜~奥村寛純コレクション~」見学と記念講演会 平成19年3月25日(日) 高槻市しろあと歴史館 ◎第245回例会 「宇治人形の系譜」 講師 田中正流氏(宝鏡寺学芸員) 平成19年4月22日(日) ◎第246回例会 出雲人形窯元見学と長谷寺界隈の散策 平成19年6月24日(日) ◎ 「金魚のおもちゃ・あれこれ」北原直喜 平成19年9月2日(日) 第248回例会案内   築城四百年祭の城下町・彦根でまちなか博物館を訪ねる(19.10.21) ◎第249回例会案内  江戸東京の凧絵  お話 林 直輝氏(19.12.16)◎第250回例会郷玩旅行会 早春の三河、駿河路に本陣の雛祭と博物館での土人形店を訪ねる旅(平成20年3月1・.2日 第251回例会 大阪の郷土玩具を復元する ~自作郷土玩具とその製法~ 佐々木義昴氏(平成20年4月27日) 第252回例会案内 わたし流/人形玩具を愉しむ方法を探る! お話 北村英三氏(平成20年6月22日) 第253回例会 テーマ「座談会/宮城竑之コレクションの蒐集遍歴/自慢の逸品展示会」お話 宮城竑之氏(平成20年8月24日)第254回例会 テーマ「姫だるま」お話 北原直喜氏 (平成20年8月24日)◎第255回例会 「伏見人形を版画・版画絵本で紹介した人たち」 お話 村上敏明氏(平成20年12月21日(日)◎第256回例会 早春の飛騨高山・金沢の雛人形見て歩き(平成21年3月7・8日) 第257回 特別展「大阪のおもちゃー紙と土の郷土玩具たちー」見学 ◎第258回 「大阪おもちゃ回顧録-住吉人形-」お話: 北村英三氏(平成21年6月28日)第259回「座談会・厠神にまつわる信仰について」お話 東隆志氏(平成21年8月30日) 第261回例会21.12.20「日本一の虎玩具展(長尾善三コレクション)と村松百兎庵氏・年賀状交換帖見学」 ◎第262回例会22.2.28「続・やまがた雛のみち/村山地方編」◎第263回例会22.4.25「大阪張子について」◎第264回例会22.6.27「蚕神について」◎第265回例会座談会「友引信仰について」 22.8.29第266回例会「和(なごみ)のおもちゃ絵・川崎巨泉」22.10.24 ◎第267回例会22.12.19「四国地方の首人形の話」◎第268回例会 小幡人形窯元と近江商人屋敷のひな飾り見学 第269回例会「私の好きな玩具、持ち寄り例会」 ◎第270回例会 まんじゅう喰い人形について ◎第271回例会(23・8) 伏見人形の流通と消費 第272回例会(23.10.29)見学及び聴講 ●法輪寺/京都嵯峨芸術大学付属博物館10周年記念展「おもちゃ絵の軌跡~郷土玩具とおもちゃ絵~」および講演会聴講
郷土玩具文化研究会について
事務局 〒565-0873 大阪府吹田市藤白台4-30-12   北原 直喜方  電話 06-6835-6888
会の沿革 昭和41年、「郷玩サロン」として発足。
昭和53年、名称を「郷土玩具文化研究会」と改称。
会の目的 ●民俗文化財の一つとして郷土玩具を位置づけ、庶民文化との関わり合いの追求などをテーマとする調査研究。
●会員相互が所蔵玩具の交換会、見学・収集旅行等を通じて交流をはかる。
例会 ●原則として偶数月に1回(年6回)開催。
  内容は研究発表、人形玩具関連展覧会の見学、郷土玩具作者の工房見学、会員所蔵玩具の交換会など。
●年1回、例会のひとつとして1泊2日の見学旅行をおこなっている。
会誌 「郷玩文化」 年6回発行
会費 年4,000円
このページのTOPへ戻る