エースコンバット2

(ナムコ、for プレイステーション)


〜目指せ、撃墜王!〜


 統合軍統括エリアコードNA−P2700において軍事クーデターが発生。
 首脳陣が外交交渉のため本国を離れた隙を突き、クーデター軍は行政中枢を占拠の後、各地の重
要施設を制圧、戦力強化を行いながらその勢力範囲を拡大しつつある。
 これに対し統合軍本部は、諸君ら傭兵部隊により編成される特殊戦術飛行隊「スカーフェイス」
の出撃を決定した。
 貴官には「スカーフェイス」の隊長として、速やかに作戦を遂行して貰いたい。
 以上。

 …ってのが能書きですが、愛機を駆ってブッ飛ぶ分にはそんな事は関係ありません。
 さあ、貴方もめくるめく超音速の世界へ!

※なお、このゲームをプレイする際にはアナログコントローラ(以後アナコンと略称)の使用を強
くお薦めします。






Ace Combat 2・金稼げモードの巻 Version 1.2



●ゲームの流れ

侵攻部隊迎撃──偵察部隊迎撃──補給港奇襲─┬─前線基地破壊─┬─┐
                      └―海上油田破壊―┘峡谷基地突破
┌────────────────────────────────┘
└―┬―資源採掘場破壊―┬──┐
  └─夜間追撃戦―――┘ 爆撃作戦護衛
               └―┬―高高度追撃戦―┬――┐
                 └―補給作戦阻止―┘ 兵器生産基地奪取
┌────────────────────────────┘
└―試作爆撃機破壊――機動艦隊襲撃――潜水艦基地突入―――┐
                            水力発電所奪取
┌────────────────────────────┘
└―┬―ミサイルサイロ基地破壊―┐
  │┌――──―─――──――┘
  │└―海峡突破作戦護衛―┬―地熱プラント基地突入―┬―┐
  │           └―集結艦隊攻撃―――――┘沿岸レーダー施設破壊
  └―輸送機部隊追撃―┐                └―─────┐
   ┌――――──――┘                       │
   └―低高度奇襲作戦―┬―墜落機救出作戦―┬――┐         │
             └─素粒子研究所攻撃┘ 最終防衛ライン突破  │
                          └─────────┤
┌───────────────────────────────────┘
└─敵制圧都市攻撃――敵司令部攻撃――大型潜水艦追撃――司令要塞攻撃


●最も報酬が高いルート
 侵攻部隊迎撃〜補給港奇襲までは1本道。
 次の小分岐点で海上油田破壊を選択。峡谷基地突破を終えたら夜間追撃戦を選択。
 爆撃作戦護衛を終えたら補給作戦阻止を選択。
 兵器生産基地奪取〜水力発電所奪取までは再び1本道。
 次の大分岐点では輸送機部隊追撃を選択。
 低高度奇襲作戦を終えたら素粒子研究所攻撃を選択。
 以下、最終防衛ライン突破〜司令要塞攻撃までは再び1本道。


●最高報酬額一覧(難易度は「HARD」)
 ※撃破機数より報酬額の方がミッション終了時にパーフェクトの確認し易いでしょ?(笑)

 侵攻部隊迎撃――73500
 偵察部隊迎撃――97000
 補給港奇襲――80000

 前線基地破壊――107500
 海上油田破壊――133000

 峡谷基地突破――60000

 夜間追撃戦――117000
 資源採掘場攻撃――95250

 爆撃作戦護衛――108000

 高高度追撃戦――91000
 補給作戦阻止――146500

 兵器生産工場奪取――121000
 試作爆撃機破壊――162000
 機動艦隊襲撃――199500
 潜水艦基地突入――72000
 水力発電所奪取――155500

(アルファヴィル作戦)
 ミサイルサイロ基地破壊――175500
 海峡突破作戦護衛――140000
 地熱プラント基地突入――183000
 集結艦隊攻撃――188500
 沿岸レーダー施設破壊――256000

(ベリッシマ作戦)
 輸送機部隊追撃――174000
 低高度奇襲作戦――220000
 墜落機救出作戦――124000
 素粒子研究所攻撃――144000
 最終防衛ライン突破――251000

 敵制圧都市攻撃――246000
 敵司令部攻撃――324500
 大型潜水艦追撃――96000


●補足
 敵航空機・地上物を全て破壊するよう心掛ければ、難易度が「HARD」の場合、階級は大型潜水艦
追撃を終えた段階で「Commander in Chief」になっている。



空対空戦闘・格闘戦のコツ


 高度な格闘戦をこなすには「EXPERT」モード、それもアナコンでの操縦に慣れる必要があります。
 スティックの感覚に慣れる頃には最低限の格闘戦テクニックが身に付いているでしょう。
 …と、これじゃ身も蓋もありませんな(笑)。
 そんな訳で、ここからは様々な状況における注意点の説明です。


●距離400〜800m(ミサイルの間合い)
 回避機動を繰り返す敵にはすぐにミサイルを発射せず、地道に切り返しの瞬間を狙いましょう。
 機体の傾きを見ていれば何となく分かります。
 切り返しの発動寸前に撃てば高い確率で当たるでしょう。
 ノロノロと真っ直ぐ飛んでいる敵に対しては一気に加速して接近、これで決まり。
 加速しながらミサイルを撃てば面白いように当たります。


●距離250〜400m(どっちつかずの間合い)
 近寄るか離れるかどっちか即断すべし。
 撃つタイミングやプレイヤーの腕にもよりますが、この距離では機関砲もミサイルもあまり命中
率が高くありません。


●距離0〜250m(機関砲の間合い)
 文字通り「斬り合い」のための間合いです。
 極意ですか?
 照準にばかり頼らず、機関砲弾の弾道を見ながら山カンで当てる!(笑)


●敵を見失った
 慌てず騒がず、まずはレーダーを見ましょう。
 自機を中心とした敵の位置と向きが表示されています。
 一旦離れてから自機と敵機の機首の向きを一致させるようにして再接近。
 さあ、攻撃再開!


●取り囲まれた
 格闘戦の華とも言える1対多数の戦闘ですが、特定の機体に拘るとオカマを掘られます。(笑)
 真後ろからズブッとやられたりした日にゃあもう気分最悪。
 なるべく1対1に持ち込み、攻撃しやすいポジションに入った機体への攻撃を優先しましょう。
 後ろを取られたら素直に回避機動に移った方が得策。
 回避起動としては、エンジンパワーに余裕のある機体ならば一般的に次の4つがよく使われます。
  ループ=ジェットコースターの垂直ループのようにぐるりと1回転する機動。
  インメルマンターン=宙返りの頂点付近で機体を反転させ、背面から水平飛行に移る機動。
  スプリットS=機体を背面にしてから急降下し、引き起こす機動。
         この機動の際には充分な高度を取ること。
  バレルロール=軌跡が水平の螺旋形となるように機体を回転させる機動。
         ちょうど樽(バレル)の表面をなぞるように動くのでこの名が付いた。
         ロールとヨーイングを組み合わせて打つ。
 ただ、我が愛機・A−10のようにエンジンの出力が小さい機体では少し勝手が違います。
 個人的に効果的だと思うのは次の2つ。
  左ひねり込み=日本が誇る名パイロット・坂井三郎の得意技。
         左ヨーを使いながらやや下降気味に左旋回する。
  失速ターン=その名の通り、強制的に機体を失速反転させる荒技。
        一旦垂直上昇して敵と自機のシンボルが重なったところで減速する。
 うーむ…言葉で説明するのは難しいっすね。
 各自で得意な回避パターンを見付け、技術に磨きをかけて下さい。
 フェンシングの経験がある人は、敵の真正面からミサイルを撃ち込んで、数を手っ取り早く減ら
すのもいいでしょう。(by エリア88)


●その他
 HUDに映る情報や局地レーダーだけでなく、広域レーダーも最大限に活用するべし。
 撃破が義務づけられている目標の中にステルス機が混じっている場合、この戦法が特に有効です。




My Personal Data(多分これで最終版)


●総撃破機数 : 30000   ←遂に大台達成!!(我ながらようやるわ^^;)


●機体毎の出撃回数

  XFA−27 : 720
  A−10 : 300   ←大台達成の時にも使った我が一番の愛機。
  Su−35 : 167
  F/A−18E : 93
  X−29 : 85   ←これで「敵司令部攻撃」(HARD)全撃破できる人います?
  F−15S : 74
  YF−23A : 68   ←なぜか最近お気に入りの通称「イカちゃん」。(笑)
  EF−2000 : 53
  F−22 : 48
  SF−39 : 40
  A−4 : 34   ←マニアを自称するならこれ1機で完全制覇に挑戦するべし。
  F−14 : 26
  MiG−29 : 18
  Su−25 : 12
  A−6 : 11
  F−117A : 11
  R−M01 : 11
  MiG−21 : 10
  F−4 : 9
  TND−F3 : 8
  F−16 : 8
  MiG−31 : 6
  KF−C7 : 5
  SF−35 : 5

   トータル : 1822


●ベストタイム(※レベルHARDのみ)

 侵攻部隊迎撃 : 0’25”00
 偵察部隊追撃 : 0’32”03
 補給港奇襲 : 0’32”93
 前線基地攻撃 : 0’23”06
 海上油田破壊 : 0’51”36
 峡谷基地突破 : 0’42”83   ←XFA−27の出撃回数を大幅に押し上げた元凶。
 夜間追撃戦 : 1’21”90
 資源採掘場攻撃 : 0’42”13
 爆撃作戦護衛 : 1’21”83
 高高度追撃戦 : 0’28”10
 補給作戦阻止 : 1’53”63
 兵器生産基地奪取 : 0’34”76
 試作爆撃機破壊 : 0’30”53
 機動艦隊襲撃 : 0’34”80
 潜水艦基地突入 : 0’57”06
 水力発電所奪取 : 1’15”86
 ミサイルサイロ基地破壊 : 2’41”00
 素粒子研究所攻撃 : 0’43”80
 海峡突破作戦護衛 : 1’44”46
 輸送機部隊追撃 : 1’51”53
 低高度奇襲作戦 : 1’05”73
 地熱プラント基地突入 : 3’03”10
 集結艦隊攻撃 : 0’49”53
 墜落機救出作戦 : 2’14”16
 沿岸レーダー施設破壊 : 1’29”13
 最終防衛ライン突破 : 1’25”56
 敵制圧都市攻撃 : 1’21”80
 敵司令部攻撃 : 2’25”23
 大型潜水艦追撃 : 0’33”00
 司令要塞攻撃 : 1’09”06





ご意見・ご感想は iboino760127@m5.dion.ne.jp へ