診察


はじめて診察を受けるとき、緊張と恥ずかしさがあります。
受診前に排便を済ませることが、重要です。直腸に便があると、充分に診察を受けられないからです。
診察室は、吊りカーテンで仕切られています。下着を脱いだ時、タオルを掛けてくれます。診察を受ける体位は、左肩を下にして横になります。足は、右足を左足に乗せる形です。(シムス体位と言います) 
診察は目で見たり肛門鏡、内視鏡や指を挿入することを行います。指で触るときには、ゴム製の手袋をして麻酔効果のあるゼリーを塗り行うため、多少の痛みしかありません。 
リラックスしましょう。
診察後に、痔の種類や程度について、先生から説明があります。解からないことや、不安なことはこのときに尋ねましょう。初めての診察の場合、受診前に聞きたいことをメモにして持っていると良いでしょう。
私の場合も緊張してしまい、聞きたいことがなかなか出てこなかったです。