マジック用語

 マニアでない方もマジックのコンテンツを見ていただいているので、簡単な用語説明のページを作成しました。
 順次用語も増やしますが、不足もあると思います。メール等で、「この用語がわからない」といっていただけると、ここに追加するときの助けになりますので、よろしくお願いいたします。

カード編

カードトランプというのは日本だけで、本来は"PlayingCards"なので、マジックでカードといえばトランプのことになる
デック52枚(ジョーカーを含む場合もあり)一組のカードをデックとよぶ。
パケット数枚のカード(一組ではない)をパケットと呼ぶ。パイルともいう。
スプレッド複数枚のカードを、ほぼ等間隔に広げること。リボンスプレッドといえば、テーブル上にデックをサッとリボン上に広げること。
フェースカードの表面。マーク(スートといいます)や数字が描いてある面。
バックカードの裏面。
ポーカーサイズ普通使われるカードには、ポーカーサイズとブリッジサイズという2種類のサイズがあり、日本製のカードはほとんどがブリッジサイズで幅が58mm。ポーカーサイズは63mm。ちなみに長さは両方とも88mm。(実測値)
キャラバンアメリカのUSプレイングカードCO.製造のトランプの名称のひとつ。マジックではバイスクルやタリホがよく使われるが、少し安価なキャラバンというデックもまぁ使われる。入れ物の箱にピラミッドの前を通るラクダの絵(隊商)が特徴。バイスクルよりちょこっと紙質が悪い感じ
トライアンフカードマジックの名称。あらかじめ客にカードを覚えてもらい、デックを表裏を混ぜるようにシャッフルするが、最終的に全部表向きにもどってしまう。ただし客の覚えたカードのみが裏向き。これを基本現象としてさまざまなバリエーションがある。また、同じ現象を起こすためにさまざまなハンドリングが、考案されている。


コイン編

アセンブリ(マトリクス)テーブルマットの4隅に置いたコインが最終的に一箇所にあつまるコインマジックの総称。カードを使ってコインを隠すのが一般的だが、手だけ使用する手順もある。
コイン・アクロス1箇所にある複数枚のコインが、別の場所に目に見えずに移動するマジックの総称。通常は片手に握った複数枚のコインが1枚づつもう一方の手に移る手順
コイン・スルー・ザ・テーブルテーブル上にある複数枚のコインが、テーブルを通り抜けて下に落ちるマジックの総称。1枚づつ通り抜ける手順と、一辺に、複数枚すべて通り抜けるなどの手順がある。

その他編

メンタルマジック透視、テレパシー、予言などの超能力現象を起こすマジックの分野。日本ではマリックさんがテレビで超魔術の名称でやった
ピボット・パス手練のマジックでタバコなどを消すテクニック。詳細は言えない・・笑
タンギングタバコなどを口で消すしたり出したりテクニック。これも詳細は言えない・・笑。フルートなどの楽器でも同様の名前のテクニックがあるそうですがマジックとは関係ない。

戻る
Internet Explorer 5.0以降でご覧ください。