HOMEに戻ります!
蒜山のご紹介はこちら。
風の家の施設案内です。
蒜山のお土産物はこちら。
とりたて新鮮野菜市はこちらから。
蒜山の特産品・工芸品はここです(郷原漆器の出来るまでもあります)。
蒜山ってどこにあるの? どうやって行くの??

蒜山の情報はこちらに! マップや観光案内あります!!
蒜山の観光情報・マップ・イベント・イエローページ等はこちらをご覧ください。


【蕎麦商品】
蒜山高原は昔から、そばの栽培がされてきましたが、そばの成分であるルチンの効果(血圧の安定効果をもたらすetc)が、おりからの健康ブームなどから、たくさん作付けされるようになり、次々にそばの製品をみなさまにお届け出来るようになりました。

風の家では、蕎麦の館でみなさまに召し上がっていただくほかに、お宅で召し上がっていただけますように、“乾麺”や石挽きの“そば粉”、そばの皮を剥いただけの“そば米”や、健康に大変よいと言われる“そば茶”、懐かしい素朴なお菓子“そば饅頭”、“そばケーキ”などの食品から、そば殻を使用した“そば枕”等のそば製品が新たな特産品となってきています。

また、そばの館では栽培から収穫・調整を行い、挽きたて・打ちたて・湯がきたての三たてのそばを、蒜山で唯一召し上がっていただけます。

【郷原漆器】(岡山県知事指定伝統的工芸品)
郷原というのは、川上村西茅部にある地名で、材料は蒜山地方のクリ材を用い、天然の漆を塗って仕上げたものです。 昔は郷原輪島と言われていたほどで、新作陽誌には、「郷原と言う地名 西茅部村にあり、伯耆の国に通じる大山道の旅人が、皆ここに宿をとる。住んでいる人の多くは漆器を作りこれを売って伝々」と書き記されており、その歴史は約600年にも及ぶ伝統のある民芸特産品。 しかし、戦後しばらく途絶えていたが平成の時代になって復活、そのすばらしい技術が地元有志の手によって、新たな時代に生き続けています。

“郷原漆器が出来るまで”はこちらから。
←こちらのほうで、郷原漆器の製作過程を
 ご紹介いたします。

【がま細工】(岡山県知事指定伝統的工芸品
がまの葉を樹皮でしっかり編んだもので、手提げやこしご(背負いかご)、エンザやなべしきなど民具が多く作られます。
今でも受け継がれている、蒜山の技のひとつです。

手作りで素朴な感じが味のある民具ですが、その姿以上に雪深い地方の生活道具として、今もなお作られつづけています。

道の駅 風の家
住 所
岡山県真庭市
蒜山上徳山1380-6
TEL 0867-66-4393
営業時間
8:30〜
16:30
時期や曜日で時間変更あり
定休日
4〜11月は無休
12〜2月は水曜休
3月は第1、2水曜休
駐車場
(無料)
第一駐車場 48台
第二駐車場 142台
そばの館 34台

224台
e-mail (メールフォーム)はこちら
http://form1.fc2.com/form/?id=683395


 
そばの館はこちら! お品書きや、そばの四方山話があります!!
まきばのレストランウッドパオ! 牧場風景を眺めながらのバーべキューは最高!!
蒜山ハーブガーデン ハービル! ラベンダーの風に吹かれて!!
ひるぜんベアバレースキー場! 手軽に楽しくウインタースポーツを!!
 
蒜山の様子を徒然に…
お便りはこちらまで!
 
グリーンピア蒜山の各施設のパンフレットあります!
パンフレットはこちらから
 
グリーンピア蒜山のプライバシーポリシーについて。
 
 
「道の駅」岡山県の
Facebook
 始めました。

道の駅総合情報 | 未知倶楽部
道の駅総合情報 | 未知倶楽部