自動車保険

自動車保険の必要性

自動車保険ガイド

HOME > 自動車保険とは
自動車保険とは
交通事故の責任
自動車保険選びは
強制保険と任意保険
任意保険
割引について
 
自動車保険用語
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
自動車保険
自動車保険(じどうしゃほけん)は、自動車の所有・使用・管理に伴って発生する賠償責任と損害を補填する損害保険で、農協などで取り扱うものは、自動車共済と呼ばれています。
 
自動車保険の必要性
自動車は大変便利なものですが、万一事故が起きた時の被害は大きく、「走る凶器」と呼ばれる所以です。事故はほんの僅かな気のゆるみで起こりえますし。逆に自分に大きな落ち度がなくて事故に巻き込まれることがあります。自動車の運行中は周囲への充分な注意が双方に求められます、そのためたとえ相手方の落ち度が大きかったとしても、当方の全面的な無過失が認められることはほぼ無いといえるでしょう。(追突、赤信号無視、中央線の右側通行等を除く)特に相手方が歩行者の場合、「自分の無過失」「車の整備不良がないこと」「相手方に落ち度があること」の3つを証明できなければ賠償責任を免れないとされ、「無制限責任」に近いものとなります。さらに、貸与や盗難によって運行された自動車による被害でも、「管理者責任」や「所有者責任」を問われる場合があり、このような賠償に応じるには、保険等による備えが必要といえます。
 
↑戻る